男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

博士と彼女のセオリー

  • はかせとかのじょのせおりー
  • THE THEORY OF EVERYTHING
  • THE THEORY OF EVERYTHING

amazon


  • 平均評点

    77.0点(1143人)

  • 観たひと

    1678

  • 観たいひと

    216

  • レビューの数

    169

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 イギリス
製作年 2014
公開年月日 2015/3/13
上映時間 124分
製作会社 Working Title Films
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)UNIVERSAL PICTURES

解説

理論物理学者の立場から宇宙の起源の解明に挑み、現代宇宙論に多大な影響を与えたスティーヴン・ホーキング博士と、彼を支えたひとりの女性の実話を基に「マン・オン・ワイヤー」のジェームズ・マーシュ監督が映画化。出演は「レ・ミゼラブル」のエディ・レッドメイン、「ヒステリア」のフェリシティ・ジョーンズ、「スターダスト」のチャーリー・コックス、「奇跡の海」のエミリー・ワトソン、「裏切りのサーカス」のサイモン・マクバーニー。

あらすじ

天才物理学者として将来を嘱望されていたスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)がケンブリッジ大学の大学院に在籍中、詩を学ぶジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い、二人は恋に落ちる。だが直後にスティーヴンは難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症、余命2年の宣告を受ける。そんな彼と共に生きると覚悟を決めたジェーンは、一緒に病気と闘う道を選択し、やがて二人は結婚、そして出産……。自分たちに与えられた時間がどれほど貴重なものかを知る二人は、歳月を重ねるごとに増す試練に強固な愛の力で立ち向かっていくが、時には壁に突き当たり、限界を感じ、自身の無力さに打ちひしがれるのだった。しかし、刻々と悪化するALSとの闘病生活の中、ホーキング博士は持ち前のユーモアで乗り越え、“車椅子の科学者”として最先端の研究を精力的に行い、講演活動や執筆活動へ意欲的に取り組んでいく……。

関連するキネマ旬報の記事

2015年4月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「博士と彼女のセオリー」

2015年3月下旬映画業界決算特別号

UPCOMING 新作紹介:「博士と彼女のセオリー」

読む、映画:「博士と彼女のセオリー」