男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

Mommy マミー

  • まみー
  • MOMMY
  • MOMMY
  • 平均評点

    79.8点(516人)

  • 観たひと

    783

  • 観たいひと

    120

  • レビューの数

    77

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 カナダ
製作年 2014
公開年月日 2015/4/25
上映時間 138分
製作会社 Metafilms=Societe de Developpement des Entreprises Culturelles=Sons of Manual
配給 ピクチャーズ・デプト
レイティング PG-12
アスペクト比 その他
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)2014 une filiale de Metafilms inc.

解説

「わたしはロランス」「トム・アット・ザ・ファーム」のグザヴィエ・ドラン監督が、夫を亡くした母と障害を抱える息子の深い愛情と葛藤を描き出すヒューマンドラマ。出演は「胸騒ぎの恋人」のアンヌ・ドルヴァル、「わたしはロランス」のスザンヌ・クレマン、アントワン=オリヴィエ・ピロン。2014年カンヌ国際映画祭審査員特別賞受賞作。PG12。

あらすじ

とある世界のカナダでは、2015年の連邦選挙で新政権が成立。2ヶ月後、内閣はS18法案を可決する。公共医療政策の改正が目的である。中でも特に議論を呼んだのはS-14法案だった。発達障害児の親が経済的困窮や身体的、精神的な危機に陥った場合は、法的手続きを経ずに養育を放棄し、施設に入院させる権利を保障した法律である。ダイアン・デュプレの運命は、この法案によって大きく左右されることになる……。喜怒哀楽が激しく、おしゃべりで、いつもケバケバしいファッションに身を包んでいるダイアン・デュプレ(アンヌ・ドルヴァル)は、掃除婦としてギリギリの生計を立てながら15歳になる息子スティーヴ(アントワン=オリヴィエ・ピロン)と暮らすシングルマザー。スティーヴはADHD(多動性障害)を抱え、性格は攻撃的。常に情緒不安定で、他人を罵ったりケンカをふっかけたり、女性とみれば誰かれ構わず親密にタッチしまうクセが抜けないまま大人になりつつある。だが平静なときは、極めて知的でそしていたって素直などこにでもいる純朴な少年であることが、母親を困惑させていた。スティーヴは矯正施設から退所してきたばかりで、ダイアンは自宅でこの問題だらけの息子の面倒をみることになったのだ。そんな二人が楽しくも困難な生活を送る中、スティーヴと意気投合した隣家のカイラ(スザンヌ・クレマン)は彼の家庭教師を買って出る。カイラは引きこもり気味で神経衰弱の気がある休職中の高校教師。精神的なストレスからか吃音に苦しむカイラだったが、純粋なハートを持ったスティーヴと友情を育み、カイラ自身の心も快方に向かうように見えたのだが……。

関連するキネマ旬報の記事

2015年5月下旬号

読む、映画:「Mommy/マミー」

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「Mommy/マミー」

2015年5月上旬号

ホンマタカシが語る、グザヴィエ・ドランの“自由さ”:「Mommy/マミー」

UPCOMING 新作紹介:「Mommy/マミー」

SOUND/IMAGE/BOYHOOD 3つの視座からみる「Mommy/マミー」:作品評 音は〈映画〉という枠を超えて Text by 小沼純一