男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

  • ばーどまんあるいはむちがもたらすよきせぬきせき
  • BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)
  • BIRDMAN or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
  • 平均評点

    75.9点(1446人)

  • 観たひと

    2114

  • 観たいひと

    221

  • レビューの数

    226

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2014
公開年月日 2015/4/10
上映時間 120分
製作会社 New Regency Pictures, M Prods, Grisbi Productions, Le
配給 20世紀フォックス映画
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2014 Twentieth Century Fox

解説

かつて「バードマン」というヒーロー映画で一世を風靡したものの今や落ち目になった俳優が、再起を図りもがくブラックコメディ。あたかも全編1カットかのように撮影されている。監督は「バベル」のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。主演は「バットマン」のマイケル・キートン。本作で第72回ゴールデングローブ賞ミュージカル・コメディ部門主演男優賞を受賞した。ほか、「ハング・オーバー」シリーズのザック・ガリフィアナキス、「アメリカンヒストリーX」のエドワード・ノートン、「アメイジング・スパイダーマン」のエマ・ストーン、「21グラム」のナオミ・ワッツらが出演。第87回アカデミー賞作品賞、監督賞など計9部門にノミネート。

あらすじ

俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、かつて『バードマン』というスーパーヒーローを演じ一世を風靡したものの、シリーズ終了して20年経った今ではすっかり落ち目となってしまった。彼はレイモンド・カーヴァーの小説『愛について語るときに我々の語ること』を自ら脚色・演出・主演を手がけ舞台化、ブロードウェイで上演し、再び喝采を浴びようとする。しかし起用した実力派俳優のマイク・シャイナー(エドワード・ノートン)ばかりが注目される上に、娘サム(エマ・ストーン)との溝も深まる一方。リーガンは精神的に追い込まれていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2016年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2015年 第89回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:ベスト・テン カラーグラビア 外国映画ベスト・テン

2015年 第89回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:ベスト・テン カラーグラビア 読者選出外国映画ベスト・テン

2015年6月上旬号

読む、映画:「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

2015年5月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

2015年4月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ軌跡)」、その正体は果たして?:インタビュー 桂正和 「バットマン」から「バードマン」へ