男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

侠女 第二部:最後の法力

  • きょうじょだいにぶさいごのほうりき
  • 侠女 下集
  • A Touch of Zen Part.2
  • 平均評点

    75.5点(49人)

  • 観たひと

    80

  • 観たいひと

    6

  • レビューの数

    16

基本情報

ジャンル ラブロマンス / アクション
製作国 香港
製作年 1971
公開年月日 2017/1/28
上映時間 87分
製作会社 Union Film Company
配給 大映ビデオ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 モノラル
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

(C)1971 Union Film Co., Ltd./ (C)2015 Taiwan Film institute All rights reserved (for A Touch of Zen)

解説

中国・明朝期を舞台に、父の復讐を果たした美女とその恋人の新たなる戦い描く「侠女」第2部。監督はキン・フー。出演はシュー・フォン、シー・チュン、パイ・インほか。1975年カンヌ映画祭高等技術委員会グランプリ受賞。1989年8月29日より、東京・池袋サンシャイン劇場にて開催された「胡金銓電影祭」にて上映。第一部と合わせたデジタル修復版が第17回東京フィルメックスにて2016年11月27日に上映、2017年1月28日より劇場公開される(配給:松竹メディア事業部)。

あらすじ

顧省斎は、父の仇を討ち果たした翌朝に町を去った楊慧貞を探す旅に出る。そして月日が過ぎた。慧貞は門達殺しの罪で指名手配されていた。ある日慧貞は少林寺のそばの岩の上に捨て子がいることに気づく。添えられた手紙からこの子が自分と慧貞の子供だと知る。その省斎に追いついた警察長官たちが襲いかかる。彼の窮地を察した慧貞は高僧に促され助けに駆けつける。そして死闘の末、警察長官は高僧の力によって自滅するのだった。

関連するキネマ旬報の記事

2017年2月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「侠女 デジタル修復版」