男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

あと1センチの恋

  • あといっせんちのこい
  • LOVE,ROSIE
  • LOVE,ROSIE
  • 平均評点

    74.3点(789人)

  • 観たひと

    1115

  • 観たいひと

    131

  • レビューの数

    87

基本情報

ジャンル ラブロマンス
製作国 ドイツ=イギリス
製作年 2014
公開年月日 2014/12/13
上映時間 103分
製作会社 Canyon Creek Films=Constantin Film Produktion
配給 ファントム・フィルム
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 不明
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)2014 CONSTANTIN FILM PRODUKTION GMBH

解説

映画化もされた世界的ベストセラー『P.S.アイラヴユー』の作者セシリア・アハーンの『愛と虹の向こうに』を映画化したラブストーリー。互いを想いながらも、愛を打ち明けられないまますれ違いを続ける幼なじみの男女の恋の行方を描く。出演は「白雪姫と鏡の女王」のリリー・コリンズ、「スノーホワイト」のサム・クラフリン。

あらすじ

6歳から幼なじみのロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・クラフリン)は、ずっと一緒に青春を過ごしてきた友達以上恋人未満の関係。他愛もない話も夢の話も恋の話も、何でも共有してきた。2人の夢は、この小さなイギリスの田舎町を離れ、アメリカのボストンにある大学へ一緒に進学すること。ところがある日、クラスで人気の男の子と一夜を共にしたロージーが妊娠してしまう。再会を誓いながら、ロージーは地元に残り、アレックスをボストンの大学へ送り出す。互いを想う言葉を口にできないままに……。初めて別々の人生を歩む2人。記憶の掛け違い、誤解、恋のライバル、読まれることのなかったラブレター……。運命のいたずらに翻弄され、12年もの間、近づいては離れてを繰り返す2人だったが……。

関連するキネマ旬報の記事

2015年1月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「あと1センチの恋」

2014年12月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「あと1センチの恋」