男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

デビルズ・ノット

  • でびるずのっと
  • DEVIL'S KNOT
  • DEVIL'S KNOT
  • 平均評点

    65.4点(243人)

  • 観たひと

    373

  • 観たいひと

    45

  • レビューの数

    44

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2013
公開年月日 2014/11/14
上映時間 114分
製作会社 Worldview Entertainment
配給 キノフィルムズ
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)2013 DEVILS KNOT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

解説

実際の未解決猟奇殺人を映画化したミステリー。事件の真相に迫ると共に、警察の失態や集団心理、局外者への偏見など人間の闇を浮き彫りにしていく。監督は、「アララトの聖母」のアトム・エゴヤン。出演は、「英国王のスピーチ」のコリン・ファース、「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」のリース・ウィザースプーン。

あらすじ

1993年初夏、ウェスト・メンフィスで児童の猟奇殺人が発生する。少年たちは靴紐で手足を縛られ、人間の所業とは思えない暴行の痕を残して殺されていた。地元住民はパニックに陥り、全米のメディアが小さな田舎町に押し寄せた。犯行当日の夜、現場近くのレストランに血まみれで現れた黒人男性や、児童らの顔見知りだったアイスクリーム売りの若者(デイン・デハーン)が捜査線上に浮かび上がるが決め手を欠き、報道が過熱するなか、警察が犯人と断定し逮捕したのは16歳から18歳の若者3人だった。未成年者の逮捕に激震が広がるなか、私立探偵のロン・ラックス(コリン・ファース)は事件の成り行きに不自然さを覚え、独自で調査を開始する。一方、被害者の母親のひとり、パム(リース・ウィザースプーン)も裁判を通して浮上した様々な矛盾に動揺し、人知れず苦悩していた……。

関連するキネマ旬報の記事

2014年12月上旬号

読む、映画:「デビルズ・ノット」

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「デビルズ・ノット」

2014年11月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「デビルズ・ノット」