男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

6才のボクが、大人になるまで。

  • ろくさいのぼくがおとなになるまで
  • BOYHOOD
  • BOYHOOD

amazon


  • 平均評点

    77.8点(1118人)

  • 観たひと

    1659

  • 観たいひと

    319

  • レビューの数

    175

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2014
公開年月日 2014/11/14
上映時間 165分
製作会社 IFC Productions=Detour Filmproduction
配給 東宝東和
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 不明
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)2014 boyhood inc./ifc productions i, L.L.c. aLL rights reserved.

解説

「ビフォア・ミッドナイト」のリチャード・リンクレイター監督が、6歳の少年とその家族の変遷の物語を同じ主要キャストで12年に亘り撮り続けたヒューマンドラマ。出演は「トゥルー・ロマンス」のパトリシア・アークエット、オーディションで見出されたエラー・コルトレーン、「ウェイキング・ライフ」のローレライ・リンクレイター、「ビフォア・ミッドナイト」のイーサン・ホーク。

あらすじ

テキサス州に住む6歳の少年メイソン(エラー・コルトレーン)は、キャリアアップのために大学で学ぶという母(パトリシア・アークエット)に従い、姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)と共にヒューストンに転居、そこで多感な思春期を過ごす。アラスカから戻って来た父(イーサン・ホーク)との再会、母の再婚、義父の暴力、そして初恋……。周囲の環境の変化に時には耐え、時には柔軟に対応しながら、メイソンは静かに子供時代を卒業していくのだった。やがて母は大学で教鞭をとるようになり、オースティン近郊に移った家族には母の新しい恋人が加わっていた。ミュージシャンの夢をあきらめた父は保険会社に就職し、再婚してもうひとり子供を持った。12年の時が様々な変化を生み出す中、ビールの味もキスの味も、そして失恋の苦い味も覚えたメイソンはアート写真家という夢に向かって母親から巣立っていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2014年12月上旬号

読む、映画:「6才のボクが、大人になるまで。」

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「6才のボクが、大人になるまで。」

2014年11月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「6才のボクが、大人になるまで。」

“時間”にとりつかれた映画作家の挑戦「6才のボクが、大人になるまで。」:インタビュー リチャード・リンクレイター[監督]

“時間”にとりつかれた映画作家の挑戦「6才のボクが、大人になるまで。」:対談 撮り直しをしない12年 芝山幹郎[評論家]×筒井武文[映画監督]

読む、映画:「6才のボクが、大人になるまで。」