男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

猿の惑星:新世紀(ライジング)

  • さるのわくせいらいじんぐ
  • DAWN OF THE PLANET OF THE APES
  • DAWN OF THE PLANET OF THE APES

amazon


  • 平均評点

    75.2点(877人)

  • 観たひと

    1268

  • 観たいひと

    54

  • レビューの数

    131

基本情報

ジャンル SF / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2014
公開年月日 2014/9/19
上映時間 131分
製作会社 Chernin Entertainment
配給 20世紀フォックス映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム/ビデオ(3D)
音声
上映フォーマット D-Cinema(3D)

スタッフ

キャスト

(C)2014 Twentieth Century Fox

解説

高度な知性を持つ猿たちによる人類への反乱を描いた「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編。前作から10年後、別々のコミュニティを築き上げた猿たちと人類の間に一触即発の事態が勃発、“共存”と“対立”の狭間で葛藤するそれぞれのリーダーの姿を描く。監督は「モールス」のマット・リーヴス。出演は「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」のアンディ・サーキス、「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェイソン・クラーク、「裏切りのサーカス」のゲイリー・オールドマン、「ダークスカイズ」のケリー・ラッセル。2D/3D同時上映。2014年9月13~15日、2D字幕版を先行上映。

あらすじ

カリスマ的な統率力を誇る猿のシーザー(アンディ・サーキス)が、仲間を率いて人類への反乱を起こしてから10年後。遺伝子の進化、知能と言語の獲得により猿たちはさらに進化を遂げ、独自の文明を形成、森の奥に平和なコミュニティを築いていた。一方、10年前に自らが生み出したウイルスにより人類は90%が死に追いやられ、僅かな生存者グループは、荒廃した都市部の一角に身を潜め、希望なき日々を過ごしている。そんなある日、人間たちが資源を求めて森に足を踏み入れたことから、猿たちとの間に危うい緊張が走る。異なる種でありながらもお互いに家族や仲間を持ち、平和を望むシーザーと人間側のリーダー、マルコム(ジェイソン・クラーク)は和解の道を探るが、両陣営の対立は激化。共存か闘いか、最終決戦へのカウントダウンが刻まれるなか、シーザーとマルコムは種の存亡を懸けた重大な選択を迫られる……。

関連するキネマ旬報の記事

2014年10月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「猿の惑星:新世紀(ライジング)」

2014年9月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「猿の惑星:新世紀(ライジング)」

2014年9月上旬号

【巻頭特集】「猿の惑星」は進化する!「猿の惑星:新世紀(ライジング)」:暴走する前日譚

【巻頭特集】「猿の惑星」は進化する!「猿の惑星:新世紀(ライジング)」:一九六八年から二〇一一年へ―「猿の惑星」小史

【巻頭特集】「猿の惑星」は進化する!「猿の惑星:新世紀(ライジング)」:猿たちのエモーション!

【巻頭特集】「猿の惑星」は進化する!「猿の惑星:新世紀(ライジング)」:「30歳以上の人間を信じるな」

【巻頭特集】「猿の惑星」は進化する!「猿の惑星:新世紀(ライジング)」:「猿の惑星」と『家畜人ヤプー』