男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ヘアー

  • へあー
  • Hair
  • ----

amazon


  • 平均評点

    73.0点(75人)

  • 観たひと

    112

  • 観たいひと

    14

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル 戦争 / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1979
公開年月日 1980/4/26
上映時間 0分
製作会社 パースキー・バトラー・プロ作品
配給 ユナイト映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

ベトナム戦争真只中の60年代を背景に、田舎からニューヨークにやって来た1人の若者とヒッピーたちの交流を中心に、愛と平和と人間性の回復を謳いあげたブロードウェイのヒット・ミュージカルの映画化。製作はレスター・パースキーとマイケル・バトラー、監督は「カッコーの巣の上で」のミロシュ・フォアマン、脚本はマイケル・ウェラー、撮影はミロスラフ・オンドリチェク、音楽はガルト・マクダーモット、編集はリンジー・クリングマン、製作デザインはスチュアート・ワーツェル、衣裳はアン・ロス、振付はトゥイラ・サープ、作詞はジェローム・ラグニとジェームズ・ラドーが各々担当。出演はジョン・サヴェージ、トリート・ウィリアムズ、ビヴァリー・ダンジェロ、アニー・ゴールデン、ドーシー・ライト、ドン・ダカス、シェリル・バーンズ、リチャード・ブライトなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。テクニカラー、ビスタサイズ。1979年作品。

あらすじ

オクラホマの田園地帯の朝。1人の若者が、老いた父親の見送りを受け、ニューヨーク行きのバスに乗った。若者の名はクロード(ジョン・サヴェージ)。徴用兵としてベトナムに送られる前の2日間を利用し、ニューヨークを見ておこうというのだ。セントラル・パークに着いたクロードは、バーガー(トリート・ウィリアムズ)をリーダーとするヒッピーたちと知り合った。メンバーには黒人のハッド(ドーシー・ライト)、金髪のウーフ(ドン・ダカス)そして誰の子かわからないが妊娠しているジーニー(アニー・ゴールデン)らがいた。彼らの奇抜さに目を見張らせていたクロードの前を一頭の馬に乗った上流階級の美しい娘が通り、クロードの心を奪った。その日は、とりあえずバーガーらと一夜を明かしたクロードは、翌日、新聞の記事から、前日の娘が山の手ショート・ヒルに住むシーラ(ビヴァリー・ダンジェロ)であることをつきとめた。彼女の社交会デビューのパーティが行なわれている所へ、バーガーらはクロードのために乗り込んでいった。その会場には、上流階級のきどった人間がつめかけており、バーガーは、そんな連中に反撥してパーティを滅茶苦茶にしてしまった。そんなバーガーらの登場に権威の堕落に嫌気がさしていたシーラは目を見張った。騒ぎを起こした罪で裁判所にやっかいになった彼らは出所してからセントラル・パークの反戦大集会に合流するが、そこでクロードは、彼を捜し求めるシーラと会う。LSDに酔ったクロードは、いつしかシーラーとのファンタスティックな結婚式の幻想を見ていた。やがて、ワシントンの徴兵センターへ出頭したクロードは、ネバダのキャンプに送られ、苦しい訓練を課せられることになる。冬がやってきて、バーガーらと再会したシーラは、クロードからの手紙を手にし、彼に会いたい気持を打ち明けた。一行はクロードに会うためネバダヘ行く事に決めるが、キャンプでは、面会を禁止していた。一計を案じたバーガーは、自慢の長髪を切り落し、士官の1人をペテンにかけ、彼の制服を着込み、キャンプ内に潜入、クロードと入れ替ることに成功。数カ月ぶりの再会に感動するクロードとシーラ。しかし、その頃、皮肉にもキャンプでは、突如、前線出動命令が下っており、クロードの身替りにバーガーが輸送機に乗るはめになっていた。クロードが急ぎ兵舎に帰った時、機はすでに雲間へ消えていた。やがて、バーガーの戦死の知らせが入った。墓の前で悲しみを共にする仲間たち。しかし、彼らは本格的に立ちあがろうとしていた。一方、ワシントンのホワイト・ハウスでは取り巻く若者たちの怒りと熱気が爆発していた。(ユナイト映画配給*2時間)

関連するキネマ旬報の記事

1980年6月下旬号

外国映画批評:ヘアー

1980年5月上旬号

外国映画紹介:ヘアー

1980年4月下旬号

グラビア:ヘアー

特集 「ヘアー」:1 〈ベトナム戦争〉を映像化し続ける“アメリカ”

特集 「ヘアー」:2 愛という自然の中に生きようとする人間たち

特集 「ヘアー」:3 ノスタルジーを越えた'80年代へのメッセージ

特集 「ヘアー」:4 異邦人フォアマンが歌う若者たちへの鎮魂歌

特集 「ヘアー」:分析採録

1980年4月上旬号

グラビア:ヘアー

1979年10月上旬秋の特集号

キネ旬試写室:ヘアー

1979年8月下旬号

グラビア:ヘアー