男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ブロス やつらはときどき帰ってくる

  • ぶろすやつらはときどきかえってくる
  • Stephen King's Sometimes They Come Back
  • Stephen King's Sometimes They Come Back


  • 平均評点

    68.4点(5人)

  • 観たひと

    19

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ホラー / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1991
公開年月日 1991/6/8
上映時間 97分
製作会社 パラダイス・フィルム作品
配給 東映クラシックフィルム
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

田舎の高校教師を襲う忌しい悪夢--スティーブン・キングの原作を、ノスタルジーをも織り混ぜながら映画化。製作はマイケル・S・マーフィー、監督は「天使とデート」のトム.マクローリン、脚本はローレンス・コナー、マーク・ローゼンタールの共同、撮影をブライアン・イングランド、音楽をテリー・ブルメリが担当。出演はテイム・マシスン、ブルック・アダムスほか。

あらすじ

母校で教えるために故郷に戻ったジム・ノーマン(ティム・マティソン)は、兄のウエイン(クリス・デムトラル)が、ローソン(ロバート・ラスラー)ら町の不良グループに鉄道トンネルで恐喝され、不良3人もろとも列車に轢かれて兄を亡くしてしまった9才の時の記憶がもとで度々悪夢に襲われていた。日常では優しい家族に恵まれ平穏な日々を送るジムであったが、教え子の1人、ビリー(マット・ノーラン)が目の前で橋から墜落死した時から、さらなる悪夢が彼を見舞う。翌朝やってきた転校生の顔はなんとあのローソンのものだった…。不良たちはそれから次々と蘇り、ジムの教え子たちを殺してゆく。彼らに対抗する手段はただ1つ、ウェインを生き返らせることだった。ジムはあの鉄道トンネルの場面を再現し、不良たちを再び死に追いやる。と、その時、兄が蘇った。ウェインはジムを死の世界に呼び込もうとするが、ジムはやはりこの世界に家族ととどまることを選ぶのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1991年12月下旬号

外国映画紹介:ブロスBROS

1991年6月下旬号

グラビア《Coming Attractions》(新作紹介):ブロス BROSS やつらはときどき帰ってくる