男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ブレインストーム

  • ぶれいんすとーむ
  • Brainstorm
  • Brainstorm

amazon


  • 平均評点

    65.4点(63人)

  • 観たひと

    110

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル SF / サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1983
公開年月日 1984/4/14
上映時間 106分
製作会社 JFプロ作品
配給 MGM/UA=CIC
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

人間の思考、記憶、感覚を伝導するマシーンをめぐるSFサスペンス。撮影途中の81年11月29日に、出演者の一人ナタリー・ウッドが急死したため製作続行か中止かでもめダグラス・トランブル監督(製作も)の熱意で完成された作品。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョエル・L・フリードマン。ブルース・ジョエル・ルービンの原案に基づいて、ロバート・スティッツェルとフィリップ・フランク・メッシーナが脚色。撮影はリチャード・ユーリシッチ、音楽はジェームズ・ホーナーが担当。特殊ヴィジュアル効果はエンターテインメント・イフェクツ・グループ(EEG)が手掛けている。出演はクリストファー・ウォーケン、ナタリー・ウッド、ルイーズ・フレッチャー、クリフ・ロバートソンなど。通常場面は35ミリ・パナビジョン、幻覚場面は70ミリ・スーパー・パナビジョンで撮影。メトロカラー、ビスタサイズ。日本版字幕は戸田奈津子。1983年作品。

あらすじ

ノース・カロライナ州のエヴァンス電子研究所は、科学技術の最先端をいく複合未来産業であった。そこでは画期的な実験が行なわれていた。女性科学者リリアン・レナルズ博士(ルイーズ・フレッチャー)をチーフにした研究で、1人の人間の記憶・知覚を他人に伝達するマシーンを開発しようというのだ。レナルズの良き片腕であるマイケル・ブレイス(クリストファー・ウォーケン)がヘルメット型のマシーンをかぶり、実験を続けている。この知覚伝達はブレインストームと名付けられていた。ブレインストーム開発プロジェクトが会社のオーナー、アレックス・ターソン(クリフ・ロバートソン)の支持でスタートしたのが、ほぼ10年前。研究は完成に近づきつつあった。レナルズ、ブレイス、そして研究助手ゴーディのチームに、デザイナーとしてカレン(ナタリー・ウッド)が参加。カレンはブレイスの妻だが、2人の仲は冷えきっていた。研究の完成を聞いたターソンは、重役会を招集して、マシーンを披露する。この研究に軍部が介入して来た。人間の脳から直接、攻撃を指令することが可能になるわけだから、軍部が目をつけるのも当然。しかし、レナルズはこの研究の軍事転用に強く反対する。そんな折、研究仲間のハルが、グラマー美女にかこまれたブレインストームのテープをかけ、心臓麻痺をおこしかけた。心労がつのっていたレナルズは夜、1人で研究中に心臓発作に襲われ、必死でブレインストームのマシーンをかけて、死亡するまでを記録する。彼女の死を契機に、軍は直接、研究室に乗り込み、軍事転用のための研究を始めた。この間にブレイス夫妻の関係は好転していた。マイケルは退職したハルの協力を得て、研究室の設備を離れたホテルから遠隔操作、軍事用ブレインストームのヘルメットや機械が破壊されていく。軍部は必死にマイケルを追う。彼は妻の待つライト兄弟記念博物館へ行き、2人は抱きあうのだった。(MGM/UA=CIC配給*一時間四六分)

関連するキネマ旬報の記事

1984年6月上旬号

外国映画批評:ブレインストーム

外国映画紹介:ブレインストーム

1984年4月上旬号

グラビア:ブレインストーム

特集 ブレインストーム ダグラス・トランブル監督作品:作品評

特集 ブレインストーム ダグラス・トランブル監督作品:プロダクション・ノート

特集 ブレインストーム ダグラス・トランブル監督作品:ロング・ストーリー