男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ヒッチャー(1986)

  • ひっちゃー
  • The Hitcher
  • ----

amazon


  • 平均評点

    69.7点(76人)

  • 観たひと

    155

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1986
公開年月日 1986/5/3
上映時間 93分
製作会社 エドワード・S・フェルドマン/チャールズ・R・ミーカー・プロ(トライスター)作品
配給 松竹富士
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

なにげなく同乗させてしまったヒッチハイカーに、執拗にまとわりつかれる若者の恐怖を描くスリラー。製作はデイヴィッド・ボンビックとキッブ・オーマン。監督はこれがデビューのロバート・ハーマン。脚本はエリック・レッド、撮影はジョン・シール、音楽はマーク・アイスハムが担当。出演はルトガー・ハウアー、クリスチャン・トーマス・ハウエル、ジェニファー・ジェイソン・リーなど。

あらすじ

どしゃ降りのテキサスの砂漠地帯を走るハイウェイ。プリマスを陸送するジム(クリスチャン・トーマス・ハウエル)は、1人のヒッチハイカーを乗せた。男の名はジョン(ルトガー・ハウアー)。最初、無口だったジョンは、突然何人ものドライバーを殺したと言い、ジムにもナイフを向ける。恐怖に震えるジムは、ジョンを路上に突き飛ばし、難を逃れ、狂喜する。翌朝、ジムの車を追い越したワゴンにジョンが同乗しているのに気付き、後を追うが、ワゴンの人間は全員殺されていた。ジムは古いガレージに飛び込んだが、電話は不通。そこにジョンが現われ、ジムのプリマスの鍵をほうり投げて、不気味に去って行った。恐怖におびえるジムは、次のガンリン・スタンドから警察に電話しようとするが、再びジョンに狙われ、ロングホーンという簡易食堂に逃げ込む。ウェイトレスのナッシュ(ジェニファー・ジェイソン・リー)に、今までのことを話しても信用してもらえそうにない。そればかりか、駆けつけた警官に、知らぬまにポケットに入れられた血のついたナイフが原因で、犯人として逮捕されてしまう。ジョンのしわざだ。身分を証明するものもない。絶望と共に、ブタ箱で一夜明かしたジムは、鉄格子の錠が開いているので牢を出ると、署内の警官全員が殺されているのを発見して驚き、パトカーを奪って脱出。ジョンの魔の手がのびてきた。再び、警官につかまるが、突然現われたジョンが、警官を殺す。ジムは、どうしてこんなことをするのだとジョンを問い詰めるが、ジョンは自分で考えろと答えるのみ。ジムは、グレイハウンドの大型バスに乗り込む。バスにはナッシュも乗っており、彼女の協力で、ジムは2人でパトカーを奪い、逃走。パトカーやヘリの追撃が始まる。からくも逃亡に成功した2人は、あるモーテルに一泊。ところが、そこにジョンが現われ、ナッシュは無残にも殺され、かけつけた警官隊にジョンは、ついに逮捕された。安堵に酔うジム。しかし護送途中でジョンは再び逃走。ジムはジョンと対決することになり、砂漠上のハイウェイで死闘の末、遂にジムはジョンを倒すのであった。

関連するキネマ旬報の記事

2001年11月下旬号

特集 「ロード・キラー」:「激突!」「ヒッチャー」を継承する本格派スリラー

1986年6月上旬号

外国映画批評:ヒッチャー

1986年5月下旬号

グラビア:ヒッチャー