男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

美しい絵の崩壊

  • うつくしいえのほうかい
  • Two Mothers
  • two Mothers

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    63.0点(116人)

  • 観たひと

    172

  • 観たいひと

    19

  • レビューの数

    27

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 オーストラリア フランス
製作年 2013
公開年月日 2014/5/31
上映時間 111分
製作会社
配給 トランスフォーマー
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ 不明
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 不明

スタッフ

キャスト

解説

ドリス・レッシングの小説『グランド・マザーズ』を「ココ・アヴァン・シャネル」のアンヌ・フォンテーヌが映画化。女性の親友同士がお互いの息子と恋に落ちたことから、崩壊へと向かう二組の家族の様子を「インポッシブル」のナオミ・ワッツと「ファレスト・ガンプ 一期一会」のロビン・ライト主演で描く。共演は「ドリフト」のゼイヴィア・サミュエル、「アニマル・キングダム」のジェームズ・フレッシュヴィル。

あらすじ

オーストラリア東海岸のビーチタウン。双子の姉妹のように同じ時を過ごしてきたロズ(ロビン・ライト)とリル(ナオミ・ワッツ)は、今ではそれぞれの伴侶との間に同い年の男の子がいる。ロズの息子トム(ジェームズ・フレッシュヴィル)とリルの息子イアン(ゼイヴィア・サミュエル)は、母親たちと同様に親友であり、海辺の生活を満喫していた。イアンは幼少期に父親を亡くし、それからはロズをセカンドマザーとして慕っていたが、いつしかロズへの気持ちは強い恋心へと変わっていく。そんなある日、ロズの夫ハロルド(ベン・メンデルソーン)は、シドニー大学で演劇の専任講師の職を得たと、家族揃ってシドニーへ転居することを提案。トムの為にも都会で暮らした方が良いと主張するハロルドだが、入り江の家やギャラリーでの仕事を手放したくないロズは即答を避ける。ある夜、深酒をしたトムの介抱のためにロズの家に泊まったイアンは、ロズへの気持ちを抑えきれず、二人は一夜を共にする。母とイアンの行為に気付いたトムはショックを受け、あてつけに同じことをしようとリルに迫る。一度は拒否したリルだが、トムを受け入れて一線を越えてしまう。ロズもリルもお互いの息子と関係を持ってしまったことに戸惑いながらも、二人は愛される幸せをかみしめていた。結局ロズはシドニーへ行くことを拒み、許されないことだと知りながら、二組の男女はその関係を続けることを選ぶのだった。二年後、ハロルドはシドニーで新しい家庭を持っていた。一方、入り江ではロズとイアン、リルとトムの関係は密やかに続いていた。イアンは母の会社で働き、トムは父と同じ演劇の道に進んでいる。そんな中、舞台演出のために長期でシドニーへ赴いたトムは、その舞台の成功とともに女優のメアリー(ジェシカ・トヴェイ)との結婚が決まり、ロズは自分とイアンの関係も清算する時期だとイアンを説得する。だがロズを愛しているイアンは納得がいかず、自棄になったイアンはトムの結婚式に出席していたハナ(ソフィー・ロウ)と付き合うが、そこに愛はなかった。ハナとの関係を終わらせようとしていた矢先、イアンはハナに妊娠を告げられる……。数年後、ロズとリルは可愛い孫たちに囲まれていた。入り江で戯れる一家の様子は美しい一枚の絵画のようであったが、ある晩、リルとトムが秘密裏に体の関係を続けていたと知ったイアンは、その脆く美しい絵を一気に崩壊させてしまう……。

関連するキネマ旬報の記事

2014年6月下旬号

キネ旬セレクト:「美しい絵の崩壊」

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「美しい絵の崩壊」

2014年6月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「美しい絵の崩壊」