男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ある過去の行方

  • あるかこのゆくえ
  • LE PASSE
  • THE PAST

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    75.3点(274人)

  • 観たひと

    390

  • 観たいひと

    47

  • レビューの数

    53

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 フランス イタリア イラン
製作年 2013
公開年月日 2014/4/19
上映時間 130分
製作会社 Memento Films Production=France 3 Cinema
配給 ドマ=スターサンズ(提供 ハピネット=ドマ=スターサンズ)
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ 不明
音声 不明
上映フォーマット 不明

スタッフ

キャスト

出演ベレニス・ベジョ マリー=アンヌ
タハール・ラヒム サミール
アリ・モッサファ アーマド
ポリーヌ・ビュルレ リュシー

(C))Memento Films Production - France 3 Cinema - Bim Distribuzione - Alvy Distribution - CN3 Productions 2013

解説

協議離婚のため4年ぶりに自宅へ戻った男と元妻、その恋人、子供たちが織り成すサスペンス・ドラマ。監督・脚本は「別離」のアスガー・ファルハディ。出演は、本作で2003年カンヌ国際映画祭主演女優賞を受賞した「アーティスト」のベレニス・ベジョ、「預言者」のタハール・ラヒム、「エディット・ピアフ 愛の讃歌」のポリーヌ・ビュルレ。

あらすじ

フランス人のシングルマザー、マリー=アンヌ(ベレニス・ベジョ)は夫と別れて4年。正式な離婚手続きをとるため、今はテヘランで暮らすアーマド(アリ・モッサファ)をパリに呼びよせる。アーマドがかつて妻や娘と過ごした家を訪れると、そこではマリー=アンヌの新しい恋人サミール(タハール・ラヒム)親子との新生活が始まっていた。だが、マリー=アンヌとサミールが再婚する予定だと聞かされたアーマドは、彼らの間に不穏な空気を感じ取る。そんな中、長女リュシー(ポリーヌ・ビュルレ)との関係に悩んでいたマリー=アンヌから、娘の本音を聞き出してほしいと頼まれたアーマドはリュシーから衝撃の告白を受ける。やがて、彼らが背負う過去と数々の真実が浮かび上がり、マリー=アンヌとサミールはそれぞれの過去にひきずられながら、自ら運命を変えていくのだった……。

関連するキネマ旬報の記事

2014年5月上旬号

インタビュー:アスガー・ファルハディ(「ある過去の行方」監督)

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ある過去の行方」

2014年4月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ある過去の行方」