男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

花鳥籠

  • はなとりかご
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    44.3点(17人)

  • 観たひと

    27

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル エロス
製作国 日本
製作年 2013
公開年月日 2013/11/23
上映時間 93分
製作会社 「花鳥籠」製作委員会
配給 「花鳥籠」製作委員会
レイティング R-18
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ 不明
音声 ステレオ
上映フォーマット 不明

スタッフ

監督ヨリコジュン 
脚本池田智美 
脚色ヨリコジュン 
原作深志美由紀 
プロデュース太代眞裕 
企画太代眞裕 
製作藤本款 
重村博文 
プロデューサー山口幸彦 
撮影倉本和人 
音楽鈴木ヤスヨシ 
録音飴田秀彦 
照明淡路俊之 
倉本由彦 
編集米田博之 
協力プロデューサー沖津康雄 
協力松村由貴 

キャスト

(C)「花鳥籠」製作委員会

解説

第一回団鬼六賞優秀作受賞の女流作家・深志美由紀による同名官能小説を映画化。インターネットで知り合った少年と主従関係になった平凡なOLが、羞恥と快楽の世界にハマっていく様子を鮮烈に描き出す。「ダスク 死を呼ぶ女」の森野美咲が体当たりの演技でヒロインを演じる。監督・脚本は、「いぬばか」のヨリコジュン。

あらすじ

平凡なOL寧子(森野美咲)は、中学生のころに義父に何度も犯され続けたため、そのトラウマからセックスに抵抗を持っている。彼女は、もっぱらインターネットの2ショットチャットで知り合った男たちと、バーチャルなセックスに耽っていた。ある日寧子は、“S”の命令により公園で自らの放尿の現場を、母親を虐待したという少年シュウに目撃される。シュウの言葉に激しい羞恥と快楽を感じた寧子は、出口のない深みに溺れていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年12月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「花鳥籠」