男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

Father

  • ふぁざー
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    76.0点(1人)

  • 観たひと

    4

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2013
公開年月日 2013/11/2
上映時間 106分
製作会社 アルファセレクション
配給 アーク・フィルムズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 不明
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ 不明
音声 不明
上映フォーマット HD

スタッフ

監督市原直 
杉山嘉一 
月野木隆 
脚本市原直 
杉山嘉一 
月野木隆 
プロデューサー美斉津明子 
撮影上原宏光 
道川昭如 
音楽原口沙矢架 
桃井聖司 
音楽プロデューサー杉田寿宏 
録音松本昇和 
丸池嘉人 
整音矢野正人 
山縣良一 
音響効果柴崎憲治 
照明慶野孝司 
荒井保 
編集上野聡一 
日下部元孝 
衣装古舘謙介 
ヘアメイク石邑麻由 
久乃 
助監督中山権正 
松本動 
スチール吉濱篤志 

キャスト

解説

30代、40代、50代、各世代の監督が、“父”をテーマに手掛けた3作品からなるオムニバス。出演は「フィギュアなあなた」の桜木梨奈、「情事」の尾関伸嗣、「花田少年史」の花ヶ前浩一。各エピソードの監督は、これがデビュー作となる市原直、「HIRAKATA」の杉山嘉一、「I am 日本人」の月野木隆。2013年6月12日、岐阜県土岐市駄知町にて先行上映。2013年6月29日より、岐阜県・岐阜CINEXにて先行上映。

あらすじ

<ヴァージンロード>ある日、結婚が決まり、戸籍を取りに行った吉本久美(桜木梨奈)。ところが、彼女が目にしたのは、そこに書かれた“養女”の文字だった……。今まで何も知らずに育った久美と、実の娘同然で育ててきた養父・芳和(松田ジロウ)。血の繋がりを持たない親子の交流を描いたヒューマンドラマ。<俺の屍を越えてゆけ>3歳で父親を亡くし、その愛情を知らずに成長した佐藤真一(尾関伸嗣)。ある日、結婚報告のために婚約者を伴って実家に帰省したところ、目の前に死んだはずの父・一朗太(水野直)が幽霊となって現れる。そして始まる男同士の意地を賭けた奇妙な親子喧嘩。果たして2人は分かり合えるのか。父が目の前に現れた本当の目的とは……?<手を伸ばせば>家族で製陶所を営む前田茂(花ヶ前浩一)は、細々と寡黙に家族のために頑張って、佐知(正木佐和)、一輝(檜尾健太)、信行(青柳尊哉)という3人の子どもを育ててきた。だがある日、その茂の目が突然見えなくなってしまう。その時、それぞれ事情を抱えた家族は一体どうするのか?長女の旦那を入れた6人のシビアな家族会議が始まる……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年11月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「Father」