男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ルノワール 陽だまりの裸婦

  • るのわーるひだまりのらふ
  • Renoir
  • Renoir

amazon


  • 平均評点

    63.1点(87人)

  • 観たひと

    118

  • 観たいひと

    24

  • レビューの数

    21

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 2012
公開年月日 2013/10/4
上映時間 111分
製作会社 Fidelite Films=Wild Bunch=Mars Distribution
配給 クロックワークス=コムストック・グループ(提供 クロックワークス=コムストック・グループ)
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

出演ミシェル・ブーケ ピエール=オーギュスト・ルノワール
クリスタ・テレ アンドレ
ヴァンサン・ロティエ ジャン・ルノワール
トマ・ドレ 
ロマーヌ・ボーランジェ 

(C)2012 FIDELITE FILMS / WILD BUNCH / MARS FILMS / FRANCE 2 CINEMA

解説

印象派の巨匠ルノワールが生涯の最高傑作『浴女たち』を創作した晩年の実話を描く人間ドラマ。監督は、「メッセージ そして、愛が残る」のジル・ブルドス。出演は、「トト・ザ・ヒーロー」のミシェル・ブーケ、「La brindille」のクリスタ・テレ。第65回カンヌ国際映画祭ある視点部門クロージング作品。

あらすじ

1915年、コートダジュールで人生の黄昏期を迎えていた印象派の巨匠ルノワール(ミシェル・ブーケ)は、病気のため満足に絵筆が握れなくなっていた。さらに最愛の妻を亡くし、息子ジャン(ヴァンサン・ロティエ)が戦地で負傷したという知らせも届き、失意のどん底にいた。しかしある日、彼の前に美しい娘アンドレ(クリスタ・テレ)が現れる。光を纏ったような彼女は溢れんばかりの生命力と輝くような美しさをたたえ、ルノワールに画家としての活力を吹き込む。ルノワールはアンドレを最後のモデルに、『浴女たち』の創作を始める。それは後に、彼自身により生涯最高傑作と位置づけられるのだった……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年10月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ルノワール 陽だまりの裸婦」