男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

もうひとりの息子

  • もうひとりのむすこ
  • LE FILS DE L'AUTRE
  • THE OTHER SON

amazon


  • 平均評点

    78.8点(249人)

  • 観たひと

    340

  • 観たいひと

    49

  • レビューの数

    51

基本情報

ジャンル ドラマ / 社会派
製作国 フランス
製作年 2012
公開年月日 2013/10/19
上映時間 101分
製作会社 Rapsodie Production=Cite Films=France 3 Cinema=Madeleine Films=olo Films
配給 ムヴィオラ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ 不明
音声 不明
上映フォーマット 不明

スタッフ

キャスト

(C) Rapsodie Production/ Cité Films/ France 3 Cinéma/ Madeleine Films/ SoLo Films

解説

イスラエル人家族とヨルダン西岸地区パレスチナ人家族の取り違え子という題材を、感動的な家族の物語として描くヒューマンドラマ。監督は、本作が長編3作目のロレーヌ・レヴィ。出演は、「キングス&クイーン」のエマニュエル・ドゥヴォス。2012年東京国際映画祭コンペティション部門グランプリ、最優秀監督賞受賞。

あらすじ

テルアビブに暮らすフランス系イスラエル人の父アロン(パスカル・エルベ)と母オリット(エマニュエル・ドゥヴォス)の息子が18歳になり、兵役検査を受ける。その結果、彼は実の息子ではないということが明らかになる。湾岸戦争で混乱していた18年前、生まれた病院でパレスチナ人家族の赤ん坊と取り違えられていたのだ。2人の息子たちが動揺し、2人の父が葛藤するなか、2人の母は……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年11月上旬号

インタビュー:ロレーヌ・レヴィ(「もうひとりの息子」監督)

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「もうひとりの息子」

2013年10月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「もうひとりの息子」