男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

レッド・ドーン

  • れっどどーん
  • RED DAWN
  • RED DAWN

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    54.6点(203人)

  • 観たひと

    297

  • 観たいひと

    17

  • レビューの数

    38

基本情報

ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 2012
公開年月日 2013/10/5
上映時間 96分
製作会社 FilmDistrict= Contrafilm Metro-Goldwyn-Mayer=United Artists=Vincent Newman Entertainment
配給 クロックワークス
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) 2012 UNITED ARTISTS PRODUCTION FINANCE LLC. ALL RIGHTS RESERVED. RED DAWN IS A TRADEMARK OF METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC.AND USED WITH PERMISSION.ALL RIGHTS RESERVED.

解説

1984年に製作されたジョン・ミリアス監督「若き勇者たち」をリメイク。北朝鮮の侵攻を受けたアメリカで、敵の手から逃れた若者たちが愛する者たちや国を守るために抵抗するアクション。監督は「007/慰めの報酬」や「インデペンデンス・デイ」などでアクション・デザインを務めてきたダン・ブラッドリー。本作が初監督作品となる。ケヴィン・レイノルズ、ジョン・ミリアスによる「若き勇者たち」の脚本を、「ディスタービア」のカール・エルスワースが生まれ変わらせている。休暇で故郷に戻ってきていた海兵隊員を「アベンジャーズ」「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワースが、海兵隊員の弟を「ATM」「さよなら、僕らの夏」のジョシュ・ペックが演じる。

あらすじ

アメリカ、ワシントン州スポケーン。高校のアメフトチーム『ウルヴァリンズ』で活躍するマット・エッカート(ジョシュ・ペック)は、その日、恋人のエリカ(イザベル・ルーカス)を伴ってパブに赴いたところ、休暇で戻ってきていた兄で海兵隊員のジェド(クリス・ヘムズワース)と再会。エリカの親友トニ(エイドリアンヌ・パリッキ)がジェドと思い出話に花を咲かせていたところ、突然停電する。どうやら停電はアメリカ北西部全域に渡った大規模なものですぐには復旧しなさそうなので、各々家路につく。ジェドとマットは久しぶりに家族でゆっくり過ごせるかと思ったが、父親のトム(ブレット・カレン)は巡査部長であるため町の見回りに行ってしまう。翌朝、ジェドとマットは大きな振動と音に起こされる。外を確かめると、空一面に戦闘機とパラシュート部隊が広がっていた。戦闘機が撃墜され近くに墜ち、信じがたい光景が現実だと悟った二人は、父親と合流すべく車を走らせる。その間にも次々とパラシュート部隊は降下し、町は戦場と化していた。ようやくトムと合流したものの、敵に行く手を阻まれ、トムの指示で兄弟は山小屋へと向かう。逃れてきた者たちを拾いながら山小屋へ行く途中、エリカが連行されるのを目撃するマット。なんとか山小屋に辿り着いたものの、翌朝には一緒に逃げてきたピートが姿を消していた。居場所の漏えいを恐れたジェドは、一行に使えるものを持って森に隠れるよう指示した上で、マットとともに町へ偵察に行く。町は北朝鮮に占拠され、抵抗する者は連行されてしまっていた。やがてピートの密告により山小屋が見つかってしまい、北朝鮮部隊を率いるチョウ大尉(ウィル・ユン・リー)はジェンキンス市長(マイケル・ビーチ)とトムに投降を呼びかけるよう強要。しかしトムは抵抗したため、銃殺される。投降するか、このまま逃げ続けるか、彼らと戦うか。ジェドやマットら一行は、愛する者や故郷を守るために、戦うことを選ぶ……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年11月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「レッド・ドーン」

2013年10月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「レッド・ドーン」