男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

大統領の料理人

  • だいとうりょうのりょうりにん
  • LES SAVEURS DU PALAIS
  • HAUTE CUISINE

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    68.6点(436人)

  • 観たひと

    674

  • 観たいひと

    50

  • レビューの数

    73

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 2012
公開年月日 2013/9/7
上映時間 95分
製作会社 Vendome Production=France 2 Cinema=Wild Bunch=Canal+
配給 ギャガ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) 2012 - Armoda Films - Vendome Production - Wild Bunch - France 2 Cinema

解説

フランスのミッテラン大統領と彼に仕えた女性料理人との実話を基に「恋愛小説ができるまで」のクリスチャン・ヴァンサン監督が映画化。ひょんなことから大統領のプライベートキッチンを任されることになった女性が、お堅い官邸の常識と、大統領の心を変えていくさまを描く。出演は「譜めくりの女」のカトリーヌ・フロ、小説家やコラムニストとして活躍するジャン・ドルメッソン、「ユキとニナ」のイポリット・ジラルド。

あらすじ

取材に訪れた南極基地で、オーストラリアのTVクルーが遭遇したのは一人の女性シェフだった。彼女は何者で、どこから来たのか。興味を持った取材班たちの前で、少しずつ彼女の素性が明らかになっていく……。自然豊かな田園風景が広がるフランスの片田舎。小さなレストランを営むごく普通の女性オルタンス・ラボリ(カトリーヌ・フロ)を、フランス政府公用車が迎えに来た。オルタンスが連れていかれたのはパリ中心部にあるエリゼ宮殿。彼女はミッテラン大統領(ジャン・ドルメッソン)からの直々の指名で、彼のプライベートシェフに抜擢されたのだ。ところが、官邸は独特の儀礼や規律の世界。厨房も料理を美味しくつくることは二の次で、数々の細かい約束事で縛られていた。さらには代々、男たちだけで営まれてきたシェフたちのヒエラルキーの中、オルタンスは完全に“招かれざる客”なのであった。だがそれでもオルタンスは料理のこと以外は目もくれない。彼らの嫉妬や専横に構わず、美味しい料理をつくることだけに真摯に豪快に突き進んでいく。そんな彼女が唯一気にしていたのは、自分の料理が大統領をハッピーにしているかどうかということだったが、なかなか大統領の声は聞こえてこないし、秘書官たちは大統領が料理のことに割く時間はないといわんばかり。今まで官邸では、食べる人の気持ちを確かめながら料理をつくる料理人はいなかったのだ。オルタンスは、食事の後の皿の様子、給仕たちの観察、そしていくつものメモを書き、あらゆる方法で大統領の気持ちを直接確かめようとする。当初は値踏みするような目で遠巻きに眺めていた同僚たちも、いつしか彼女の料理の熱意と腕前に刺激され、官邸の厨房に少しずつ新風が吹き始める。だが実は、オルタンスのまっすぐで新鮮な料理は大統領の心の中に確かな絆をつくっていた。そんなある日、オルタンスは、ミッテランから直接声をかけられる……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年10月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「大統領の料理人」

2013年9月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「大統領の料理人」

キネ旬セレクト:「大統領の料理人」