男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

共喰い

  • ともぐい
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    71.3点(442人)

  • 観たひと

    687

  • 観たいひと

    109

  • レビューの数

    86

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2013
公開年月日 2013/9/7
上映時間 102分
製作会社 「共喰い」製作委員会(スタイルジャム=ミッドシップ=ギークピクチュアズ=アミューズソフトエンタテインメント=ビターズ・エンド)(企画協力 集英社/制作プロダクション スタイルジャム)
配給 ビターズ・エンド
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督青山真治 
脚本荒井晴彦 
原作田中慎弥:(「共喰い」集英社刊)
プロデューサー甲斐真樹 
撮影今井孝博 
美術清水剛 
装飾秋田谷宣博 
音楽山田勳生 
青山真治 
音響菊池信之 
照明松本憲人 
編集田巻源太 
衣裳篠塚奈美 
ヘアメイク田中マリ子 
アソシエイト・プロデューサー佐藤公美 
制作担当中村哲也 
助監督吉田亮 
特機塩見泰久 

キャスト

出演菅田将暉 遠馬
木下美咲 千種
篠原友希子 琴子
光石研 遠馬の父
田中裕子 仁子
岸部一徳 刑事
淵上泰史 刑事
宍倉暁子 アパートの女

(C)田中慎弥/集英社・2012 「共喰い」製作委員会

解説

第146回芥川賞を受賞した田中慎弥の同名小説を「東京公園」で第64回ロカルノ国際映画祭金豹審査員特別賞を受賞した青山真治監督が映画化。父親の忌むべき性癖が自分にも受け継がれていることに気付いた男子高校生を通し、人間の根底に潜んでいる闇を炙りだす。脚本は「大鹿村騒動記」で第85回キネマ旬報ベスト・テン日本映画脚本賞を阪本順治とともに受賞した荒井晴彦。原作とはまた一味違うラストが用意されている。今にも暴走しそうな男子高校生を「王様とボク」の菅田将暉が演じている。ほか、「GANTZ」の木下美咲、「おだやかな日常」の篠原友希子、「あぜ道のダンディ」の光石研、「いつか読書する日」の田中裕子らが出演。

あらすじ

昭和63年夏。高校2年生の遠馬(菅田将暉)は父親とその愛人・琴子とともに山口県下関市に暮らしていた。母親の仁子は川を挟んだ向こう側で魚屋を営んでおり、遠馬は時々仁子に魚をさばいてもらいに行っていた。日ごろから父親と琴子の情事を目にしている遠馬は、性交の際に父親が女に暴力をふるうことを忌み嫌っていたが、幼なじみの千種と暴力的なセックスをしてしまい、自分にも父親の血が流れていることに愕然とする。千種とはそのことが原因で関係が悪化してしまう。台風が近づいてきて町中が水浸しになる中、琴子は身重の身でありながら家出する。父親が憤怒しながら琴子を探していると、遠馬と仲直りしようと神社で待ちわびる千種を見つける……。

関連するキネマ旬報の記事

2014年3月上旬号

MOVIE at HOME お家でDVD & Blu-Layを:DVDコレクション 「共喰い」

2013年10月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「共喰い」

2013年9月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「共喰い」

臨時増刊9月14日号 KINEJUN next vol.06

The new movie of recommend:「共喰い」

The new movie of recommend:「共喰い」Interview:菅田将暉

2013年9月上旬号

文学と映画の出合いかた「共喰い」「夏の終り」:エッセイ 文学と映画の往還

文学と映画の出合いかた「共喰い」「夏の終り」:インタビュー 映画を文学にしたひとたち 青山真治(「共喰い」監督)

文学と映画の出合いかた「共喰い」「夏の終り」:インタビュー 映画を文学にしたひとたち 熊切和嘉(「夏の終り」監督)

文学と映画の出合いかた「共喰い」「夏の終り」:インタビュー 映画を文学にしたひとたち 荒井晴彦(「共喰い」脚本)

文学と映画の出合いかた「共喰い」「夏の終り」:インタビュー 映画を文学にしたひとたち 宇治田隆史(「夏の終り」脚本)

文学と映画の出合いかた「共喰い」「夏の終り」:インタビュー 映画を文学にしたひとたち 田中慎弥(「共喰い」原作)

文学と映画の出合いかた「共喰い」「夏の終り」:映画と文学について考える3つのコラム 文学に“愛された”俳優たち?

文学と映画の出合いかた「共喰い」「夏の終り」:映画と文学について考える3つのコラム 「地底の歌」を知ってるかい

文学と映画の出合いかた「共喰い」「夏の終り」:映画と文学について考える3つのコラム ズーム・インとズーム・アウト――永遠の一瞬のほうへ

2012年10月上旬号

日本映画 NEWS SCOPE:CRANK IN, CRANK UP