男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

マン・オブ・スティール

  • まんおぶすてぃーる
  • Man of Steel
  • Man of Steel
  • 平均評点

    71.1点(1201人)

  • 観たひと

    1816

  • 観たいひと

    74

  • レビューの数

    183

基本情報

ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 2013
公開年月日 2013/8/30
上映時間 143分
製作会社 Warner Bros. =Syncopy=DC Entertainment=Third Act Productions
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム/ビデオ(3D)
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット D-Cinema(3D)

スタッフ

キャスト

(C)2012 Warner Bros.All Rights Reserved

解説

1938年にアメリカン・コミックスに登場して以来広く愛され続けている『スーパーマン』。1978年からハリウッドで実写映画化された「スーパーマン」シリーズを、監督に「300<スリーハンドレッド>」のザック・スナイダー、製作・原案に「インセプション」のクリストファー・ノーラン、脚本・原案に「ブレイド」のデヴィッド・S・ゴイヤーを迎え、再始動させる。本作では異星で生まれ地球で育ち、人とは違う能力を持つがゆえの苦悩を乗り越える、スーパーマンの誕生秘話が描かれる。新生スーパーマンを演じるのは、「インモータルズ-神々の戦い-」のヘンリー・カビル。彼の恋人役を「魔法にかけられて」のエイミー・アダムスが務めている。2D/3D同時公開。

あらすじ

マーサ(ダイアン・レイン)とジョナサン(ケビン・コスナー)の夫婦に育てられたクラーク・ケント(ヘンリー・カビル)。クラークは実はクリプトン星に生まれ、星の滅亡を予測したジョー=エル(ラッセル・クロウ)が地球に送った彼の息子だった。幼い頃よりクラークは周囲の人々とは違う特殊能力を持っていることに苦悩していたが、やがて地球を守るという自らの使命に気付く……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年10月上旬号

読む、映画:「マン・オブ・スティール」

2013年9月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「マン・オブ・スティール」

2013年9月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「マン・オブ・スティール」

[巻頭特集]正義は光速で再始動する「マン・オブ・スティール」:インタビュー ザック・スナイダー(監督)

[巻頭特集]正義は光速で再始動する「マン・オブ・スティール」:「新しい」スーパーマン

[巻頭特集]正義は光速で再始動する「マン・オブ・スティール」:苦悩するヒーローたち

[巻頭特集]正義は光速で再始動する「マン・オブ・スティール」:スーパーマンの「呪い」

[巻頭特集]正義は光速で再始動する「マン・オブ・スティール」:スーパーマンとウルトラマン ふたつの世界を往還する

[巻頭特集]正義は光速で再始動する「マン・オブ・スティール」:ブルーネットではないロイス・レインと共に