男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ヒプノティスト 催眠

  • ひぷのてぃすとさいみん
  • Hypnotisören
  • The Hypnotist

amazon


  • 平均評点

    62.3点(72人)

  • 観たひと

    112

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 スウェーデン
製作年 2012
公開年月日 2013/5/4
上映時間 117分
製作会社 Filmpool Nord=Sonet Film= Svensk Filmindustri
配給 カルチュア・パブリッシャーズ
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)2012 AB Svensk Filmindustri, Sonet Film AB, Filmpool Nord AB. All rights reserved.

解説

スウェーデンの作家、ラーシュ・ケプレルによるベストセラー・ミステリー『催眠』を、「サイダーハウス・ルール」のラッセ・ハルストレム監督が映画化。ストックホルム郊外で起きた一家殺人事件の真相に催眠療法で迫る。出演は、「未来を生きる君たちへ」のミカエル・パーシュブラント、「ショコラ」のレナ・オリン。

あらすじ

ストックホルム郊外で一家全員がメッタ刺しされる陰惨な殺人事件が起こり、昏睡状態で一命を取り留めた15歳の長男ヨセフと、独立して家にいなかった姉エヴェリンが残された。国家警察のヨーナ・リンナ警部(トビアス・ジリアクス)は、かつて催眠療法の第一人者と言われたエリック・マリア・バルク(ミカエル・パーシュブラント)にヨセフから犯人の手掛かりを聞き出す催眠を依頼する。エリックはある理由から催眠は2度とやらないと誓っていたが、弟の命を危惧したエヴェリンの懇願に負け、催眠療法を解禁する……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年5月上旬号

UPCOMING 新作紹介:The North side もうひとつの北欧「ヒプノティスト-催眠-」