男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

オブリビオン

  • おぶりびおん
  • Oblivion
  • Oblivion

amazon


  • 平均評点

    68.9点(1526人)

  • 観たひと

    2281

  • 観たいひと

    132

  • レビューの数

    199

基本情報

ジャンル SF / アクション
製作国 アメリカ
製作年 2013
公開年月日 2013/5/31
上映時間 124分
製作会社 Universal Pictures=Chernin Entertainment= Ironhead Studios=Radical Pictures=Radical Studios=Truenorth Productions
配給 東宝東和
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

(C)2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED

解説

人類のいなくなった近未来の地球に残された男の運命を描くアクション大作。監督は、「トロン:レガシー」のジョセフ・コシンスキー。出演は、「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のトム・クルーズ、「ダークナイト ライジング」のモーガン・フリーマン、「007/慰めの報酬」のオルガ・キュリレンコ。

あらすじ

2077年、エイリアンの攻撃を受けて地球は壊滅する。人類は他の惑星へ移住するが、ジャック(トム・クルーズ)は高度1,000mの上空から地球を監視するため、たった1人で地球に残っていた。ある日ジャックは、墜落した宇宙船で美女ジュリア(オルガ・キュリレンコ)が眠っているのを見つける。彼女は目を覚ますと、会ったこともないジャックの名前を口にする。ジャックは断片的な記憶をたどるが、誰もいないはずの地球で、謎の男ビーチ(モーガン・フリーマン)によって拘束される。ジュリアとビーチによって、ジャックと地球の運命が動き始める……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年6月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「オブリビオン」

2013年6月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「オブリビオン」

「オブリビオン」:インタビュー ジョセフ・コシンスキー(監督・原作・製作)

「オブリビオン」:作品評