男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮

  • ろいやるあふぇああいとよくぼうのおうきゅう
  • En kongelig affære
  • A Royal Affair
  • 平均評点

    71.2点(118人)

  • 観たひと

    199

  • 観たいひと

    38

  • レビューの数

    25

基本情報

ジャンル ラブロマンス / 歴史劇
製作国 デンマーク
製作年 2012
公開年月日 2013/4/27
上映時間 137分
製作会社 Zentropa Entertainments=DR TV=Trollhattan Film AB=Film i Vast=Sveriges Television=Sirena Film
配給 アルバトロス・フィルム(提供 ニューセレクト)
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 5.1ch
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

(C) 2012 Zentropa Entertainments28 ApS, Zentropa International Sweden and Sirena Film Prague

解説

デンマーク王室最大のスキャンダルといわれる史実を基に、王と王妃、侍医の運命的な三角関係を描くラブストーリー。監督は「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」の脚本を担当したニコライ・アーセル。出演は「偽りなき者」のマッツ・ミケルセン、「アンナ・カレーニナ」のアリシア・ヴィカンダー。製作総指揮に「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のラース・フォン・トリアーが名を連ねている。

あらすじ

絶対王政末期の18世紀後半、野心家のドイツ人ヨハン・フリードリヒ・ストルーエンセ(マッツ・ミケルセン)は、精神を病んだデンマーク国王クリスチャン7世(ミケル・ボー・フォルスガード)の侍医に就く。王の唯一の理解者であり親友となる一方、ストルーエンセは孤独な王妃カロリーネ・マティルデ(アリシア・ヴィカンダー)の心も虜にし、禁断の恋に落ちていくのだった……。やがて啓蒙思想を信奉するストルーエンセは、国王の言動を操り、事実上の摂政として数々の改革に乗り出していくが、不満を募らせた保守派貴族たちは密かに政変を起こそうと画策する。欲望渦巻く宮廷の権力争いの行方、そして侍医と王妃の許されざる愛の結末とは……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年5月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」

2013年5月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」