男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ローマでアモーレ

  • ろーまであもーれ
  • TO ROME WITH LOVE
  • TO ROME WITH LOVE

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    71.6点(490人)

  • 観たひと

    773

  • 観たいひと

    105

  • レビューの数

    87

基本情報

ジャンル コメディ / ラブロマンス
製作国 アメリカ=イタリア=スペイン
製作年 2012
公開年月日 2013/6/8
上映時間 101分
製作会社 Medusa Film =Gravier Productions= Perdido Productions
配給 ロングライド(提供:角川書店、ロングライド)
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ 不明
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 不明

スタッフ

キャスト

(C)GRAVIER PRODUCTIONS,INC

解説

「アニー・ホール」や「ハンナとその姉妹」「ミッドナイト・イン・パリ」で1度のアカデミー賞監督賞と3度の脚本賞を獲得したウディ・アレン監督が、ローマを舞台に4つの愛をユーモアたっぷりに描いたコメディ。ウディ・アレンのほか、「恋するベーカリー」のアレック・ボールドウィン、「ライフ・イズ・ビューティフル」のロベルト・ベニーニ、「それでも恋するバルセロナ」のペネロペ・クルス、「夫たち、妻たち」のジュディ・デイヴィス、「ソーシャル・ネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグ、「JUNO/ジュノ」のエレン・ペイジら豪華キャストが集結。また、オペラ歌手のファビオ・アルミリアートが、歌がうますぎる葬儀屋という役で出演。

あらすじ

旅行先のローマで電撃的に恋に落ち婚約した娘のために、アメリカから来た元オペラ演出家(ウディ・アレン)。葬儀屋を営む娘の恋人の父親(ファビオ・アルミリアート)がシャワーを浴びながら歌を口ずさむのを聞いて、あまりの美声に感銘を受けた演出家は彼をなんとか舞台に使おうとするが、彼はシャワーを浴びている間しか美声を発揮できなかった。建築家を目指す青年(ジェシー・アイゼンバーグ)は、恋人の親友である女優(エレン・ペイジ)の小悪魔的な魅力にメロメロになる。叔父に仕事を紹介され、田舎から移住してきた新婚カップル。妻の不在中部屋に突如色気たっぷりなコールガール(ペネロペ・クルス)が現れ、夫は慌てふためく。ごく普通の中年男(ロベルト・ベニーニ)は、ある日突然、なぜか大スターに祭り上げられパパラッチに追われるはめに。ローマの街で繰り広げられる4つのエピソードは、どれも愛にあふれている。

関連するキネマ旬報の記事

2013年7月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ローマでアモーレ」

2013年6月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ローマでアモーレ」

「ローマでアモーレ」公開記念 To Woody with Love:インタビュー ウディ・アレン(監督)

「ローマでアモーレ」公開記念 To Woody with Love:作品評

「ローマでアモーレ」公開記念 To Woody with Love:〔エッセイ わたしの好きなウディ・アレン〕 池上冬樹/余白と行間、まるで小説を読むように

「ローマでアモーレ」公開記念 To Woody with Love:〔エッセイ わたしの好きなウディ・アレン〕 ヴィヴィアン佐藤/時空間そのものを生け捕りに

「ローマでアモーレ」公開記念 To Woody with Love:〔エッセイ わたしの好きなウディ・アレン〕 高平哲郎/同じ空気を吸いにNYへ

「ローマでアモーレ」公開記念 To Woody with Love:〔エッセイ わたしの好きなウディ・アレン〕 山崎まどか/NYを愛することはアレンの映画を愛すること