男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ホーリー・モーターズ

  • ほーりーもーたーず
  • HOLY MOTORS
  • HOLY MOTORS
  • 平均評点

    73.5点(347人)

  • 観たひと

    555

  • 観たいひと

    94

  • レビューの数

    64

基本情報

ジャンル ドラマ / ファンタジー
製作国 フランス=ドイツ
製作年 2012
公開年月日 2013/4/6
上映時間 115分
製作会社 Pierre Grise Productions=Theo Films=Pandora Filmproduktion=arte France Cinema=WDR/Arte
配給 ユーロスペース
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)Pierre Grise Productions

解説

レオス・カラックス監督が「ポーラX」から13年ぶりに発表した長編新作。朝から深夜まで、白いリムジンでパリ中を巡り、年齢も立場も異なる11の人格を演じるオスカーの1日の旅を描く。主演は、「ボーイ・ミーツ・ガール」以来、カラックスとの名コンビで知られるドニ・ラヴァン。共演は「夏時間の庭」のエディット・スコブ。

あらすじ

ホテルの一室。真夜中に目覚めた夢見る男レオス・カラックスは、部屋の壁に隠し扉を見つける。その扉は、汽笛とカモメの鳴き声が鳴り響き、顔のない観客で満席の映画館へ続いていた。彼らは一体、何を見ているのか……?早朝、大富豪の銀行家オスカー(ドニ・ラヴァン)が子どもたちに見送られ、スレンダーな女性セリーヌ(エディット・スコブ)が運転する白いリムジンに乗り込む。その日の予定を確認し、電話を済ませると、車内にある化粧鏡の覆いを外して白髪交じりのカツラを梳かし始める。パリで最も豪華なアレクサンドル3世橋に到着したリムジンから降りてきたのは、みすぼらしく腰の曲がった物乞いに変装したオスカーだった。道行く人々は、そんな彼に見向きもしない。次の場所へ向かう車内で、モーション・キャプチャーのスペシャリストへ素早く変装するオスカー。工場のようなスタジオで、女性ダンサーとともにエロティックなダンスを踊っていると、キャプチャーされた彼らの動きが、怪物が愛し合うアニメーションに変換される。続いて、怪物メルドに扮した彼は、墓地で撮影をしていたモデルのケイ・M(エヴァ・メンデス)と出会ったかと思えば、初めてダンスパーティーに参加した10代の娘を迎えに行くと、誰とも踊らなかったと聞いて激昂。さらに、アコーディオン奏者、スキンヘッドの殺人者、死にゆく老人と、想定外の出来事を合間に挟みつつも、その日の任務をこなしてゆく。そして、今日の最後の仕事は住宅街で家族と暮らす中年男性。セリーヌから1日のギャラと“今夜の鍵”を受け取って帰宅した家で待っていたのは、チンパンジーの妻と娘たちだった。“HORY MOTORS”のネオンサインが怪しく輝く車庫へリムジンを運び入れるセリーヌ。彼女が家路につくと、リムジンたちが話し始める。“人間は見える機械を望まない”“モーターを欲しがらない”“もはや行為を望まない”“アーメン”……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年6月上旬号

読む、映画:「ホーリー・モーターズ」

2013年5月上旬号

読む、映画:「ホーリー・モーターズ」

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ホーリー・モーターズ」

2013年4月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ホーリー・モーターズ」

フランス映画、さまざまな波:「ホーリー・モーターズ」インタビュー レオス・カラックス(監督)

フランス映画、さまざまな波:「ホーリー・モーターズ」作品評

フランス映画、さまざまな波:「ホーリー・モーターズ」コラム 新しい身体 カラックスとドニ・ラヴァン