男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

メッセンジャー(2009)

  • めっせんじゃー
  • The Messenger
  • The Messenger
  • 平均評点

    64.8点(50人)

  • 観たひと

    75

  • 観たいひと

    18

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 2009
公開年月日 2013/3/9
上映時間 112分
製作会社 Oscilloscope Laboratories=Omnilab Media =Sherazade Film Development =BZ Entertainment = Mark Gordon Company, The=Good Worldwide= All the Kings Horses
配給 インターフィルム
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演ベン・フォスター Staff Sergeant Will Montgomery
ウディ・ハレルソン Captain Tony Stone
サマンサ・モートン Olivia Pitterson
ジェナ・マローン Kelly
スティーヴ・ブシェーミ Dale Martin

(C)2009 All the Kings Hourse,LLC ALL RIGHT RESERVED.

解説

戦死した兵士の遺族に訃報を伝える米軍のメッセンジャーを主人公に、戦争の悲惨さを描くドラマ。主演は「3時10分、決断のとき」のベン・フォスター。ウディ・ハレルソン(「ハンガー・ゲーム」)の助演男優賞と脚本賞の2部門でアカデミー賞ノミネート。「アイム・ノット・ゼア」の脚本家、オーレン・ムーヴァーマンの初監督作。

あらすじ

イラク戦争で負傷し、帰国した米軍兵士ウィル軍曹(ベン・フォスター)は、新たな任務を受ける。それは、上官のトニー大尉(ウディ・ハレルソン)とともに、戦死した兵士の遺族に第一報の訃報を伝えるメッセンジャーへの就任だった。だがその任務は、非常に残酷なものだった。訃報を受けた遺族は、怒りと悲しみを露わにし、非難の矛先を国や戦争に対してではなく、メッセンジャーに向けてくる。自分の親族は戦死したのにもかかわらず、このメッセンジャーは無事に生還している……。悲痛な思いから、時に遺族たちはメッセンジャーに罵声を浴びせる。そんな日々を繰り返す耐え難い任務に、葛藤を抱くウィル。ある日彼は、戦死を告げた兵士の妻で、今は未亡人となったオリヴィア(サマンサ・モートン)と出会う。日々、接することで距離を縮めてゆく2人。心身ともに傷つき、生きる意味を模索していたウィルだったが、彼を見守るトニー、そして何よりオリヴィアとの出会いをきっかけに、失われた心を徐々に取り戻してゆく……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年4月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「メッセンジャー」

2013年3月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「メッセンジャー」