男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

エンド・オブ・ザ・ワールド(2012)

  • えんどおぶざわーるど
  • SEEKING A FRIEND FOR THE END OF THE WORLD
  • SEEKING A FRIEND FOR THE END OF THE WORLD

amazon


  • 平均評点

    66.0点(282人)

  • 観たひと

    445

  • 観たいひと

    44

  • レビューの数

    55

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2012
公開年月日 2013/1/18
上映時間 101分
製作会社 Anonymous Content=Indian Paintbrush=Mandate Pictures
配給 ミッドシップ=ツイン
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ドルビーSRD/DTS
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)2012 Dodge Productions, LLC.

解説

小惑星の衝突による人類滅亡の危機が迫る中、かつての恋人に会いに行こうとする中年男と隣人女性の奇妙な旅をユーモアに包んだ温かなタッチで描く。出演は「ラブ・アゲイン」のスティーヴ・カレル、「危険なメソッド」のキーラ・ナイトレイ。監督は、「キミに逢えたら!」などの脚本も手掛ける女優のローリーン・スカファリア。

あらすじ

小惑星マチルダが地球に接近。衝突を回避するための破壊作戦が実行されたものの、失敗に終わり、人類の滅亡が避けられないと判ったその日。保険セールスマン、ドッジ(スティーヴ・カレル)の妻は何も告げずに去っていった。小惑星衝突まであと3週間。周囲の人間が酒やドラックに溺れる中、普段と変わらない生活を送るドッジは、隣に暮らす奔放な女性ペニー(キーラ・ナイトレイ)と初めて言葉を交わす。“イギリスにいる両親に2度と会えなくなってしまった”と嘆くペニーから、彼女のもとに誤配達された自分宛の手紙を渡されたドッジは、その中に、かつて心ならずも別れた最愛の女性オリヴィアの名前を見つける。暴動が起きた夜、ペニーを救出したドッジは、2人で街を脱出し、人生の最後にオリヴィアを探す旅に出る……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年1月下旬号

UPCOMING 新作紹介:未体験ゾーンの映画たち2013「エンド・オブ・ザ・ワールド」