男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

テッド

  • てっど
  • Ted
  • Ted

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    71.7点(2020人)

  • 観たひと

    3265

  • 観たいひと

    141

  • レビューの数

    272

基本情報

ジャンル コメディ / ファンタジー
製作国 アメリカ
製作年 2012
公開年月日 2013/1/18
上映時間 106分
製作会社 Universal Pictures= Media Rights Capital= Fuzzy Door Productions =Bluegrass Films=Smart Entertainment
配給 東宝東和
レイティング R-15
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

(C)UniversalPictures/Tippett Studio

解説

命が宿ったテディベアと、大人になりきれない男との友情を描くファンタジーコメディ。本作で監督デビューを飾るセス・マクファーレンが、テディベア“テッド”の声も務める。出演は「ザ・ファイター」のマーク・ウォールバーグ、「ブラック・スワン」のミラ・クニス「スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション」のジョエル・マクヘイル。

あらすじ

1985年、ボストン郊外。誰にも相手にされない孤独な少年・ジョンは、クリスマスプレゼントでもらった唯一の話し相手であるテディベアと、本当の友人になれるよう天に祈りを捧げる。翌朝、ジョンの祈りは通じ、魂が宿ったテディベア“テッド”はジョンに「一生親友だよ」と約束する。しかし、やがて奇跡は日常となり、少年は大人へと成長する……。それから27年。ジョン(マーク・ウォールバーグ)はいつまでも青春時代から脱却できないダメ男に成長、テッドも見た目は可愛いテディベアのままだが中身だけが成長し、いまや下品なジョークと女の事で頭がいっぱいの中年テディベアに成り下がっていた。少年時代の約束通り、親友として今日も自宅ソファーで自堕落で低モラルな毎日を送るジョンとテッド。そんな中、ジョンは4年間付き合っている彼女ローリー(ミラ・クニス)から、自分かテッドのどちらかを選ぶよう迫られ、テッドから自立することを決意するが……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年2月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「テッド」

2013年1月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「テッド」

「テッド」:インタビュー セス・マクファーレン(監督)

「テッド」:コラム 本篇と字幕のあいだ/喋るクマの過激ジョークを巡って

「テッド」:作品評