男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

アルバート氏の人生

  • あるばーとしのじんせい
  • Albert Nobbs
  • Albert Nobbs

amazon


  • 平均評点

    71.6点(264人)

  • 観たひと

    402

  • 観たいひと

    59

  • レビューの数

    53

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アイルランド
製作年 2011
公開年月日 2013/1/18
上映時間 113分
製作会社 Chrysalis Films=Mockingbird Pictures=Morrison Films=Parallel Film Productions=Trillian Productions=WestEnd Films
配給 トランスフォーマー
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) Morrison Films

解説

19世紀のアイルランドを舞台に、男性を装って孤独に生きてきた女性が、自分らしさに目覚めてゆく姿を描いたドラマ。グレン・クローズ(「危険な情事」)、ジャネット・マクティア(「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館」)は揃ってアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞にノミネート。監督は「愛する人」のロドリゴ・ガルシア。

あらすじ

19世紀のアイルランド。上流階級の人々に人気のモリソンズホテルでウェイターとして働くアルバートは、人付き合いを避けてひっそりと暮らしていた。彼は長年、誰にも言えない秘密を隠していた。それは、貧しく孤独な生活から逃れるために、女性でありながら男性として生きてきたということだった。結婚せずに女性が自立するには、そうするしかなかったのだ。ある日、モリソンズホテルにハンサムなペンキ屋のヒューバート(ジャネット・マクティア)がやってくる。彼と相部屋になったことで素性を知られてしまうものの、自分らしく生きる彼の姿に影響を受けたアルバートは、自ら築き上げてきた偽りの人生を捨て、本当の自分らしさを取り戻してゆく。その一方、若いメイドのヘレン(ミア・ワシコウスカ)に対しては、自分の素性を隠しながらも好意を抱いてゆく。密かにヘレンと愛し合うようになっていたボイラー職人のジョー(アーロン・ジョンソン)は、その事に気づき、ヘレンを通じてアルバートを利用しようとする。働く女性にとって不自由な時代、男性として孤独に生き、女性としてのアイデンティティを見失っていたアルバートは、様々な人たちに囲まれながら、自分らしく生きる希望の扉を開き始めるが……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年3月上旬号

読む、映画:「アルバート氏の人生」

2013年2月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「アルバート氏の人生」

2013年1月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「アルバート氏の人生」

ロードショーまで待てない! 新作映画13作品プレビュー:「アルバート氏の人生」

読む、映画:「アルバート氏の人生」