男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

いま、殺りにゆきます

  • いまやりにゆきます
  • ----
  • ----

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    41.7点(10人)

  • 観たひと

    13

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    1

基本情報

ジャンル ホラー
製作国 日本
製作年 2012
公開年月日 2012/12/15
上映時間 86分
製作会社 キングレコード(制作プロダクション ノース・シーケーワイ)
配給 太秦(提供 キングレコード)
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ 不明
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督千葉誠治 
脚本千葉誠治 
原作平山夢明:(「いま、殺りにゆきます RE-DUX」光文社刊)
プロデューサー山口幸彦 
千葉誠治 
撮影植松亮 
芹沢亮 
照明藤田貴路 
編集千葉誠治 
アソシエイト・プロデューサー行弘拓路 
特殊メイク百武朋 

キャスト

出演森田涼花 原奈緒
桃瀬美咲 織恵
肘井美佳 片岡智恵
菅野麻由 水元夏美
大友さゆり 美鈴
戸谷公人 

(C)2012キングレコード

解説

ホラー作家・平山夢明の実話恐怖体験集をベースに、「AVN エイリアンVSニンジャ」の千葉誠治監督が映画化したオムニバス。日常の些細な出来事をきっかけに、恐怖に晒される少女たちの姿を描く。出演は「携帯彼氏+(プラス)」の森田涼花、「ゴスロリ処刑人」の桃瀬美咲、「牙狼<GARO> MAKAISENKI」シリーズの肘井美佳、「ゾンビアス」の菅野麻由。

あらすじ

<わたしのししゅう>高校2年生の原奈緒(森田涼花)は、帰宅途中に路上でホームレス(信國輝彦)から詩集を買う。翌日、彼女は恋人の悟(戸谷公人)に注意を促されたにもかかわらず、その詩集の素晴らしさをホームレスに伝える。やがて、ホームレスは日を追うごとに奈緒の家に近づいてくるのだった……。<おまけ>古本屋でお目当ての絵画集を手に入れ、上機嫌で恋人の智幾(池田絢亮)に電話をする織恵(桃瀬美咲)は、本の入った段ボールの底に一枚のDVDを見つける。好奇心からそれを観てしまった彼女だったが、何も映っていないかと思いきや、そこには身の毛もよだつ映像が記録されていた……。<やあ、カタオカ!>片岡智恵(肘井美佳)は、出社途中に突然見知らぬ男(廣瀬裕一郎)から呼び止められる。彼女が小学校時代に失くした筆箱の話を異様なテンションでまくしたてるその男はどうやら智恵の小学校時代の級友・オオトモらしい。男はその筆箱を見つけたと彼女に告げるのだが……。<さよなら、お~える>便意をもよおして自転車を走らせる水元夏美(菅野麻由)は、ようやく見つけた公衆トイレに駆け入る。そこで雨宿りをする不思議な女子高生(大坪あきほ)から「そこのトイレ危ないよ」と言われる彼女だったが、便意を我慢できずその警告を無視してしまう……。<いま、殺りにゆきます>帰宅途中、何者かに頭上からテレビを投げ付けられ、命を狙われていると怯える美鈴(大友さゆり)。何とか自宅に帰り着いた彼女の携帯に、非通知で電話がかかってくる。恐る恐る出ると「もう、殺りにゆきます」という不気味な男の声がして……。

関連するキネマ旬報の記事

2012年12月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「いま、殺りにゆきます」