男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

プリズナー・オブ・パワー 囚われの惑星

  • ぷりずなーおぶぱわーとらわれのわくせい
  • Обитаемый остров
  • The Inhabited Island
  • 平均評点

    49.9点(32人)

  • 観たひと

    43

  • 観たいひと

    6

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル SF
製作国 ロシア
製作年 2008
公開年月日 2012/12/8
上映時間 120分
製作会社 Art Pictures Studio=Non-Stop Productions=Telekanal STS
配給 ミッドシップ=シンカ(提供 ミッドシップ=パルコ)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ 不明
音声 不明
上映フォーマット 不明

スタッフ

キャスト

解説

ストルガツキー兄弟のSF小説『収容所惑星』を映画化。惑星サラクシに不時着した宇宙パイロットが、反政府組織とともに独裁政権に立ち向かう。出演は本作でデビューしたロシア期待の新星ワシリー・ステパノフ、「ダイ・ハード/ラスト・デイ」のユーリヤ・スニギーリ。監督は「アフガン」のフョードル・ボンダルチュク。

あらすじ

2157年、深宇宙。自由調査団の宇宙船パイロット、マクシム(ワシリー・ステパノフ)は宇宙飛行中に思わぬ隕石事故に巻き込まれ、謎の惑星に不時着する。何とか脱出したものの、その直後に宇宙船は爆発。住民によって捕虜にされた彼は、親衛隊のガイ・ガール伍長(ピョートル・フョードロフ)によって首都に連行されることに。しかしその道中、輸送車両が“ニュータイプ”と呼ばれる種族の襲撃を受けてしまう。マクシムは瀕死の重傷を負ったガイを救出し、脱走に成功。この惑星“サラクシ”が、軍事独裁政権“匿名の父たち”によって支配されていることを知る。潜伏先の街中で偶然出会ったガイの妹、ラダ・ガール(ユーリヤ・スニギーリ)と恋に落ちるマクシム。彼女と一緒にいたところを何者かに襲われ、優れた戦闘能力を発揮した彼は、ガイにその実力を認められて親衛隊候補になったものの、入隊を拒否したために処刑されてしまう。ところが、特殊な治癒能力によって一命を取り留め、反政府組織のニュータイプに匿われる。そこでマクシムは、政府が惑星のあらゆる場所に“防衛塔”とは名ばかりの発信基地を設置し、そこから特殊光線を放射して民衆をマインド・コントロールしている事実を知る。こうして、マクシムは命懸けの“匿名の父たち”転覆計画に参加することになるが……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年2月上旬号

読む、映画:「プリズナー・オブ・パワー 囚われの惑星」

2012年12月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「プリズナー・オブ・パワー 囚われの惑星」