男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館

  • うーまんいんぶらっくぼうれいのやかた
  • THE WOMAN IN BLACK
  • THE WOMAN IN BLACK

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    57.6点(186人)

  • 観たひと

    295

  • 観たいひと

    21

  • レビューの数

    31

基本情報

ジャンル ホラー
製作国 イギリス=カナダ=スウェーデン
製作年 2012
公開年月日 2012/12/1
上映時間 95分
製作会社 Cross Creek Pictures=Hammer Film Productions =Alliance Films=UK Film Council= Talisman Productions
配給 ブロードメディア・スタジオ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ 不明
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 不明

スタッフ

キャスト

(C) 2011,SQUID DISTRIBUTION LLC, THE BRITISH FILM INSTITUTE

解説

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」のダニエル・ラドクリフ主演で贈るゴシック・ホラー。19世紀末、他界した大富豪の遺産整理のため、イギリスの田舎町に赴いた弁護士が“黒衣の女”にまつわる怪現象に遭遇する。原作はスーザン・ヒルの『黒衣の女 ある亡霊の物語』。ホラーの名門、ハマーフィルムズによる作品。

あらすじ

19世紀末のロンドン。若手弁護士アーサー・キップス(ダニエル・ラドクリフ)は事務所所長から、田舎町クライシン・ギフォードにある“イールマーシュの館”で、他界したアリス・ドラブロウ夫人の遺産整理に必要な遺言書の捜索を指示される。さらに所長は、4年前に最愛の妻を亡くしてから仕事に身が入らないアーサーに、この仕事をやり遂げないと解雇すると通告。アーサーは火曜日にロンドンを発ち、仕事が終わった週末は息子ジョセフを現地に呼び寄せ、一緒に過ごす計画で旅立つ。列車内で紳士のサム・デイリー(キアラン・ハインズ)と知り合い、町に到着するが、宿の主人や地元弁護士の態度には歓迎せざる空気が漂っていた。翌日、人里離れた沼地で陰鬱に佇む館に出向いた彼は、文書整理を進めるうちにナサニエルという7歳の少年の死亡証明書を発見。沼地で溺死したこの少年の遺体は未発見だった。やがて、森の中に立つ黒衣の女を目撃するアーサー。その報告に訪れた警察では、真っ青な顔をした少女が現れ、目の前で息絶える。木曜日。少女が警察で亡くなったのは、館への訪問が原因だと主張する村人たちの制止を振り切って出かけたアーサーは、再び黒衣の女を目撃。その部屋で、ナサニエルの死の真相と、その母ジェネットが、息子の命を守れなかった姉のアリス宛てに呪いの言葉を記した手紙を発見する。ジェネットが自殺した事実を知ったアーサーは、怪奇現象に遭遇し、一連の事件原因が彼女の呪いだと確信。町の住人を憎むジェネットが、子どもたちの命を奪い続けていたのだ。“あの女の姿を見ると、必ずその人の子どもは死ぬ”。デイリーの妻エリザベス(ジャネット・マクティア)の警告に、アーサーは戦慄する。今日は金曜日。夜には家政婦とともにジョセフがやってくる。息子の命を救うには、ナサニエルの遺体をジェネットに返すしかないと考えたアーサーは、デイリーとともに遺体が眠る沼地へ向かうが……。

関連するキネマ旬報の記事

2012年12月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館」

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館」