男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ダーケストアワー 消滅

  • だーけすとあわーしょうめつ
  • THE DARKEST HOUR
  • THE DARKEST HOUR

amazon


  • 平均評点

    64.8点(130人)

  • 観たひと

    170

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    26

基本情報

ジャンル SF
製作国 アメリカ
製作年 2011
公開年月日 2012/12/1
上映時間 90分
製作会社 Regency Enterprises=Summit Entertainment=Bazelevs Production=Jacobson Company, The= New Regency Pictures
配給 エスピーオー
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 不明
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) 2012 Tentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved

解説

人類を粉砕する姿なきエイリアンの地球侵略に立ち向かう若者たちの戦いを描いたSF映画。出演は「イントゥ・ザ・ワイルド」のエミール・ハーシュ、「抱きたいカンケイ」のオリヴィア・サールビー、「ソーシャル・ネットワーク」のマックス・ミンゲラ。「リンカーン/秘密の書」を監督したティムール・ベクマンベトフが製作を担当。

あらすじ

ビジネスチャンスを掴もうとモスクワに降り立った若き企業家のショーン(エミール・ハーシュ)とベン(マックス・ミンゲラ)。その夜、ナイトクラブを訪れた2人は、突然の停電に遭遇。外に出た彼らは、空から降る無数の謎の光を目撃する。地上に降り立った“それ”は、姿を消し、触れた人間を跡形もなく粉砕。“それ”は地球を侵略しようとする姿なきエイリアンだったのだ。次々と人々が粉砕されてゆく中、何とか逃げ切ったショーンとベンを含む5人の若者たち。世界中で同時多発的に電気が消え、侵略が始まっていることを知った彼らは、世界を取り戻すため、見えない敵に立ち向かう決意をするが……。

関連するキネマ旬報の記事

2012年12月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「ダーケストアワー 消滅」

2012年12月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ダーケストアワー 消滅」