男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

  • えばんげりをんしんげきじょうばんきゅー
  • EVANGELION:3.0 YOU CAN (NOT) REDO
  • EVANGELION:3.0 YOU CAN (NOT) REDO
  • 平均評点

    69.4点(910人)

  • 観たひと

    1502

  • 観たいひと

    49

  • レビューの数

    131

基本情報

ジャンル アニメーション / SF
製作国 日本
製作年 2012
公開年月日 2012/11/17
上映時間 95分
製作会社 カラー
配給 ティ・ジョイ=カラー
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

総監督庵野秀明 
監督摩砂雪 
前田真宏 
鶴巻和哉 
総演出鈴木清崇:(タツノコプロ)
特技監督増尾昭一 
脚本庵野秀明 
原作庵野秀明 
主・キャラクターデザイン貞本義行 
主・メカニックデザイン山下いくと 
総作画監督本田雄 
作画監督林明美 
井上俊之 
撮影監督福士享:(T2スタジオ)
美術監督加藤浩:(ととにゃん)
音楽鷺巣詩郎 
主題歌宇多田ヒカル:(「桜流し」)
編集李英美 
副監督中山勝一 
小松田大全 
CGI監督鬼塚大輔 
小林浩康 
色彩設定菊地和子:(Wish)

キャスト

出演(声)緒方恵美 碇シンジ
林原めぐみ アヤナミレイ(仮称)
宮村優子 式波・アスカ・ラングレー
石田彰 渚カヲル
三石琴乃 葛城ミサト
立木文彦 碇ゲンドウ
山口由里子 赤木リツコ
清川元夢 冬月コウゾウ
坂本真綾 真希波・マリ・イラストリアス
長沢美樹 伊吹マヤ
子安武人 青葉シゲル
優希比呂 日向マコト
沢城みゆき 鈴原サクラ
大塚明夫 高雄コウジ
大原さやか 長良スミレ
勝杏里 多摩ヒデキ
伊瀬茉莉也 北上ミドリ

(C)カラー

解説

大ブームとなったTVシリーズを元に、新たな物語を構築する「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズ第三弾。碇シンジと渚カヲルとの交流を軸に、人類補完計画を巡る闘いを描く。総監督は庵野秀明。監督は摩砂雪、前田真宏、鶴巻和哉。声の出演は、緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、石田彰ほか。

あらすじ

衛星軌道上に封印されていたエヴァンゲリオン初号機からサルベージされた碇シンジ。しかし目覚めた世界では14年が経過していた。ミサトたち旧ネルフ職員らは、反ネルフ組織「ヴィレ」を立ち上げ、使徒とネルフ側エヴァと戦っていた。ヴィレは回収した初号機をコアとした艦艇「AAA ヴンダー」を建造する。その艦内でシンジはミサトやアスカたちから冷たい態度を取られる。綾波レイを助けた代償として初号機は「ニア・サードインパクト」を引き起こし、世界が半壊してしまったためであった。その犯人として扱われるシンジ。助けたはずのレイも初号機からサルベージされなかったと聞かされる。二度とエヴァに乗らないことを厳命され、もし乗り込んで次に覚醒した場合に備え爆弾付きの首輪まではめられるのであった。そこにエヴァMark.09が襲来する。搭乗する「レイ」の声に促されシンジはMark.09の手に乗り脱出、ネルフ本部へと向かう。荒廃したネルフ本部でシンジは父ゲンドウと、謎の少年渚カヲルと出会う。ゲンドウはシンジにカヲルと共に新造されるエヴァ13号機に搭乗することを命令するのだった…。

関連するキネマ旬報の記事

2013年1月上旬号

読む、映画:「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」

キネ旬戯画 映画という名のアニメーション:第31回 ファミリー・アニメこそ映画体験の原点