男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ハーヴェイ・ミルク

  • はーべいみるく
  • The Times of Harvey Milk
  • The Times of Harvey Milk

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    75.3点(31人)

  • 観たひと

    61

  • 観たいひと

    6

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / 伝記
製作国 アメリカ
製作年 1984
公開年月日 1988/9/30
上映時間 87分
製作会社 ブラック・サンズ・プロ作品
配給 パンドラカンパニー
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

第81回アカデミー賞でショーン・ペンが主演男優賞を受賞した「ミルク」のモデルとなったハーヴェイ・ミルクの生涯を追ったドキュメンタリー。ゲイを公言して史上初めて公職につき、48歳で生涯を終えた彼の足跡を辿る。第57回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞。監督は、自身もゲイであるロバート・エプスタイン。

あらすじ

1978年11月27日。夜のサンフランシスコを星が埋め尽くした。市庁舎内で殺害されたハーヴェイ・ミルクとマスコーニ市長の冥福を祈った人々が掲げたロウソクの炎だった。その数45,000。ハーヴェイ・ミルクは大学卒業後、海軍、証券アナリストを経てブロードウェイのプロデューサーとなる。その後、ベトナム反戦運動に関わるが、ニューヨークのゲイバー“ストーンウォール”を警官が襲撃した事件をきっかけに、ゲイ解放運動に参加してゆく。サンフランシスコに移住した後、積極的に地域住民と関わり、ゲイを公言した人物として史上初の市政執行委員に当選。ゲイだけでなく、黒人や他の有色人種、老人、レズビアンなど様々な社会的マイノリティの人々に支えられ、草の根運動を展開する。当初、ゲイというだけで彼を毛嫌いしていた人々も、次第に彼の誠実さや、弱者のための行動を理解し、支持を広げてゆく。希望を持つことの大切さを訴えた彼の最大の理解者は、当時の市長ジョージ・マスコーニ。人生の絶頂期にあったミルクだったが、マスコーニ市長と共に、同じ市政執行委員であるダン・ホワイトに狙撃され、不慮の死を遂げる。そして、ホワイトの裁判は驚くべき展開を見せる……。

関連するキネマ旬報の記事

1997年12月上旬号

COMING SOON【新作紹介】:ハーヴェイ・ミルク

1989年9月上旬号 創刊70周年記念特別号

外国映画紹介:ハーヴェイ・ミルク

1988年10月上旬号

グラビア:ハーヴェイ・ミルク

外国映画批評:ハーヴェイ・ミルク