男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ネバー・クライ・ウルフ

  • ねばーくらいうるふ
  • Never Cry Wolf
  • Never Cry Wolf


  • VODで観る

  • 平均評点

    62.7点(13人)

  • 観たひと

    23

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1983
公開年月日 1984/6/23
上映時間 105分
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ作品
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

カナダ北部のツンドラ地帯を舞台に1人の生物学者と悪魔の化身とも恐れられているオオカミの触れ合いを通じて大自然の驚異を描く。ディズニー・プロ内に設立されたウォルト・ディズニー・ピクチャーズの第1回作品。製作はルイス・アレン、ジャック・クーファーとジョセフ・ストリック、エグゼキュティブ・プロデューサーはロン・ミラー、監督は「少年の黒い馬」のキャロル・バラード。ファーレイ・モワットの原作『オオカミよ なげくな!』(紀伊国屋書店)を基に力ーティス・ハンソン、サム・ハム、リチャード・クレッターが脚色。撮影はヒロ・ナリタ、音楽はマーク・アイシャム、美術はグリーム・マレイ、録音はアラン・スプレットが担当。出演はチャールズ・マーティン・スミス、ブライアン・デネヒー、ゼイチャリー・イッティマンヤックなど。

あらすじ

カナダ北部の草原を疾走するカリブー<北米トナカイ>の数が激減しだした。この原因はオオカミにあるらしく、若い生物学者タイラー(チャールズ・マーティン・スミス)が、調査員として、この北極のツンドラ地帯に乗り込むことになった。ロージー(ブライアン・ドネイ)という得体の知れない男の旧式な単発機でやっとのこと氷上に着陸したタイラーは、1人静寂の世界に取り残された。政府支給のサバイバル手引書を頼りに生活するしかない。春になり、いよいよ彼の調査が開始された。孤独感に耐えながらも、調査開始後2カ月たって、ようやく1匹のオオカミを発見。体重80kg、体長は尻尾を含めると2mをこえる北極オオカミだ。巣穴も発見して、夫婦オオカミらしいその2匹をジョージとアンジェリンと名付けた。ジョージたちは、人間を襲う獰猛な動物と考えられているオオカミとは、信じられないくらいおとなしくみえた。現に、ジョージがカリブーを襲っている形跡はない。では何を食べて生活しているのだろうか。ある日、アンジェリンが野ネズミを捕えているのを目撃した。それで、この謎もとけた。イヌイットのウテック(ゼイチャリー・イッテマンヤック)が、マイクという英語の話せるイヌイットの青年を連れて来た。マイクは、狩猟で生計をたてる普通のハンターで、オオカミの毛皮は、高価だが、ジョージたちは殺さないと言った。夏の終り、オオカミがカリブーを襲うのを目撃した。しかし、襲われたカリブーの骨を調べると、年老いているか、病気であるかのどちらかであった。このあと、しばらくして、タイラーは、ロージーに再会した。6カ月前のオンボロ機ではなく、最新式の飛行機を持っていた。彼は都会から2人のハンターをここまで連れてきていた。獲物のカリブーを得意気に飛行機に積み込みながら、タイラーに飛行機に乗って都会に帰ることを勧めたが、彼はかたくなに断った。数日後、タイラーは、テントに戻ったが、ジョージとアンジェリンの姿が見えない。子供たちを残してどこかへ行くことは考えられない。イヤな予感を感じるタイラー。やがて、ロージーが再びタイラーを迎えにやって来た。その時に、飛行機の一部にオオカミの尻尾が風になびいているのを発見するタイラー。彼は、ロージーに向って発砲し追い返した。冬が近づき、大自然の本当の厳しい季節がやってくるのだ。オオカミ狩りを手引きしたマイクも去っていった今、タイラーの、真のサバイバルが始まろうとしていた。

関連するキネマ旬報の記事

1984年9月上旬号

外国映画紹介:ネバー・クライ・ウルフ

1984年8月上旬号

外国映画批評:ネバー・クライ・ウルフ

1984年7月上旬号

グラビア:ネバー・クライ・ウルフ