男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

忍術キートン

  • にんじゅつきーとん
  • Sherlock, Jr.
  • Sherlock, Jr.


  • 平均評点

    82.1点(59人)

  • 観たひと

    94

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    21

基本情報

ジャンル コメディ / アクション
製作国 アメリカ
製作年 1924
公開年月日 1924/12/10
上映時間 45分
製作会社 メトロ映画
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 1:1.33
カラー/サイズ モノクロ/スタンダ-ド
メディアタイプ フィルム
音声 無声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演バスター・キートン Buster
キャスリン・マクガイア The Girl
Horace Morgan Her_Farther
ジョセフ・キートン His_Hired_Man
Ward Crance The_Local_Shiek

解説

バスター・キートン氏がメトロ社において「恋愛三代記」「荒武者キートン」に続いて製作した第三回長編喜劇で、原作はジャン・ハヴェズ氏、クライド・ブラックマン、ジョー・ミッチェルの三氏が合作し、キートン君自ら監督の任に当たったものである。対手役は「笑王ベンターピン」「紐育の十字路」等出演のキャスリン・マクガイア嬢である。1973年6月16日より開催された特集上映「ハロー!キートン」(フランス映画社配給)にて邦題を「キートンの探偵学入門」と改題して公開。

あらすじ

諺にも二兎追うものは一兎をも得ずという。若者バスターは田舎の常設館の映写技師であったが、名探偵となろうと思って映写機を回転する傍ら「探偵手ほどき」の一冊を読み耽り、凝って夢にまでも犯人捜査の実況をありありと見るのであった。彼は機械をモーターに任せて置いて今や心地良き南柯の夢の境地に遊び、まず真珠強盗の追跡を始める。千万辛苦の末に漸く爆弾をもって犯人を退治したと思った所で夢は醒めたが、先に誤解された恋人が謝りに来たので、二人は改めてスクリーンに映る甘い恋のシーンを真似たのであった。批評ー新しい頭の良い笑わせる場面の連続で今までのキートン作品よりも面白い程で、痛快な風刺が全編に溢れている。(ニウス誌ローレンス・リード氏)

関連するキネマ旬報の記事