男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

何という行き方!

  • なんといういきかた
  • What a Way to Go!
  • ----

amazon


  • 平均評点

    66.1点(19人)

  • 観たひと

    33

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1964
公開年月日 1964/10/10
上映時間 0分
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 コロムビア
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

解説

グウェン・デイヴィスの原作を「いつも上天気」のベティ・カムデンとアドルフ・グリーンが共同で脚色、「ナバロンの要塞」のJ・リー・トンプソンが演出したロマンチック・コメディ。撮影は「クレオパトラ(1963)」のレオン・シャムロイ、音楽はネルソン・リドルが担当した。出演は「あなただけ今晩は」のシャーリー・マクレーン、「ハッド」のポール・ニューマン、「ランページ」のロバート・ミッチャム、「テキサスの四人」のディーン・マーティン、「初恋(1958)」のジーン・ケリー、「青い眼の蝶々さん」ボブ・カミングス、「バイ・バイ・バーディー」のディック・ヴァン・ダイク、ほかにレジナルド・ガーディナー、マーガレット・デュモンなど。

あらすじ

大金持ルイザ(シャーリー・マクレーン)の想い出話。ルイザは夫婦水入らずの簡素な結婚生活を理想とし、物ぐさで仙人のようなエドガー(ディック・V・ダイク)と結婚した。ある日、ルイザの母のお気に入りだった大金持レナード(ディーン・マーティン)が夫婦を訪ねた。レナードの冗談から、大いに刺激されたエドガーが馬車馬のように働きはじめ、果ては大金持ちになった。商売仇のレナードは破産、エドガーは金の奴隷になり果て、心臓麻痺で死んだ。莫大な遺産を手に、彼女はパリに行った。そこでタクシーの運転手をしている貧乏画家のラリー(ポール・ニューマン)と知りあい、やがて結婚した。ところが彼も傑作を生みはじめ、また莫大な遺産をルイザに残して死んだ。再び未亡人になったルイザは、帰国することにし、飛行機に乗り遅れて、ロッド(ロバート・ミッチャム)という男の豪華飛行機に同乗、今度は彼と結婚した。今度は幸わせだった。そして彼女のいう簡素な生活のため牧場経営にきりかえた。ある日、夫が牛に蹴られ、またまた莫大な遺産を残して死んだ。またも未亡人になったルイザは車でニューヨークに行く途中、ある郊外の安料理店に出演する人気のない道化師ピンキー(ジーン・ケリー)に会い、結婚した。2人は楽しい日を送った。ある夜、急いでいたため道化師の化粧をせずに舞台に立ち、それが大ウケにうけ、やがて一躍人気歌手になったが、ある劇場で、殺到したファンの群れに踏み潰され、またも遺産をルイザに残した。……想い出話を精神医に告白しているとき、ビルの小使におちぶれたレナードが現れた。レナードの、簡潔さに喜びを持つ姿をみて、ルイザは共鳴し、2人は結婚した。農場を経営し、子供も出来て幸せだった。

関連するキネマ旬報の記事

1964年12月上旬号

外国映画批評:何という行き方!

1964年10月下旬号

外国映画紹介:何という行き方!

1964年10月上旬秋の特別号

新作グラビア:何という行き方!