男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ドラキュラ(1992)

  • どらきゅら
  • Bram Stoker's Dracula
  • Bram Stoker's Dracula

amazon


  • 平均評点

    66.0点(260人)

  • 観たひと

    519

  • 観たいひと

    33

  • レビューの数

    23

基本情報

ジャンル ホラー
製作国 アメリカ
製作年 1992
公開年月日 1992/12/19
上映時間 128分
製作会社 アメリカン・ゾーエトロープ=オシリス・フィルムズ作品
配給 コロンビア トライスター映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演ゲイリー・オールドマン Dracula
ウィノナ・ライダー Mina_Murray_Elisabeta
アンソニー・ホプキンス Professor_Abraham_Van_Helsing
キアヌ・リーヴス Jonathan_Harker
リチャード・E・グラント Dr._Jack_Seward
ケアリー・エルウィス Lord_Arthur_Holmwood
ビル・キャンベル Quincey_P._Morris
サディ・フロスト Lucy_Westenra
トム・ウェイツ R._M._Renfield

解説

1897年に発表された恐怖小説の古典『吸血鬼ドラキュラ』を、原作のイメージに忠実なスタイルで描く。監督・製作は「ゴッドファーザーPARTII」のフランシス・フォード・コッポラ、製作はフレッド・フックスとチャールズ・B・マルヴェヒル、エグゼクティヴ・プロデューサーは「愛は霧のかなたに」の監督マイケル・アプテッドとロバート・オコナー、脚本は「フック」のジェームズ・V・ハート、撮影は「マンボ・キングス わが心のマリア」のミハエル・バルハウス、音楽は「コルチャック先生」のヴォイチェフ・キラールが担当。

あらすじ

15世紀中頃、ワラキアの王ヴラド・ドラキュラ公(ゲイリー・オールドマン)は、トルコ軍との戦いで奇跡的な勝利をおさめるが、最愛の王妃エリザベータ(ウィノナ・ライダー)は、王の戦死の誤報を聞き、城砦から身を投げた。ヴラドは怒り狂い、神への永世の復讐を誓った。1897年、英国人の青年弁護士ジョナサン・ハーカー(キアヌ・リーヴス)は、トランシルヴァニア地方にある城へやって来る。彼の前任者の同僚レンフィールド(トム・ウェイツ)は、この城で発狂してしまった。城で彼を待っていたのは、ドラキュラ伯爵(ゲイリー・オールドマン)という老人だった。ハーカーが彼を不審に思った時には既に遅く、監禁され、3人のドラキュラの花嫁たちに血を吸われるが、決死の逃亡を図り修道院に保護される。ロンドンでは、ハーカーの婚約者ミナ(ウィノナ・ライダー_二役)が、夢遊病を患う親友のルーシー(サディ・フロスト)の看護をしていたが、街中で不思議な男に出会い、心を惹かれる。その男こそ、エリザベータと生き写しのミナを我がものにしようとするドラキュラ伯爵であった。ハーカーの無事がわかり、結婚のためヨーロッパに旅立つミナは、ドラキュラに別れの手紙を書く。絶望した彼は、衰弱したルーシーの命を奪う。奇怪な影に怯え続けていたルーシーを調べていたヘルシング教授(アンソニー・ホプキンス)は、吸血鬼と化したルーシーを退治し、吸血鬼狩りを決行した。ロンドンに帰ったハーカーは、若返ったドラキュラを見て衝撃を受け、教授とともにドラキュラの眠る柩の探索を行う。緑のもやとなり、ミナのベッドに入り込んだドラキュラは、自分の血を飲ませようとするがためらう。彼の愛の深さを知ったミナは、自ら血を飲んでしまう。ドラキュラを倒そうとする吸血鬼狩り一行は、ミナを連れ、城へ逃げ帰ったドラキュラを追跡する。夜になり、城内で一行とドラキュラは戦い、深手を負ったドラキュラは屋敷に逃げこみ、ミナが後を追った。苦しむドラキュラの胸にミナが杭を打ちこむと、息絶えたドラキュラの顔が平穏な表情に変わっていった。そしてミナは、ドラキュラの首を切り落とすのだった。

関連するキネマ旬報の記事

1993年2月上旬号

外国映画批評:ドラキュラ

外国映画紹介:ドラキュラ

1993年1月上旬新年特別号

巻頭特集 ドラキュラ:ドラキュラ伯の見た夢

巻頭特集 ドラキュラ:フランシス・F・コッポラ&ウィノナ・ライダー&J・V・ハート インタビュー

巻頭特集 ドラキュラ:ドラキュラ対談 品川四郎×渡辺麻紀

巻頭特集 ドラキュラ:ドラキュラの復活