男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

エージェント・マロリー

  • えーじぇんとまろりー
  • HAYWIRE
  • HAYWIRE

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    59.8点(334人)

  • 観たひと

    517

  • 観たいひと

    37

  • レビューの数

    63

基本情報

ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 2011
公開年月日 2012/9/28
上映時間 93分
製作会社 Relativity Media/Irish Film Board
配給 ファントム・フィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ 不明
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 不明

スタッフ

監督スティーヴン・ソダーバーグ 
脚本レム・ドブス 
製作総指揮ライアン・カヴァノー 
タッカー・トゥーリー 
マイケル・ポレール 
共同エグゼクティブプロデューサーアラン・モロニー 
プロデューサーグレゴリー・ジェイコブズ 
共同プロデューサーケネル・ハルスンド 
撮影スティーブン・ソダーバーグ 
プロダクション・デザインハワード・カミングス 
音楽デビッド・ホームズ 
衣裳デザインショーシャナ・ルービン 
キャスティングカルメン・キューバ 
スタント・コーディネーターR・A・ロンデル 

キャスト

(C) 2011 Five Continents Imports, LLC. All rights reserved

解説

「コンテイジョン」のスティーヴン・ソダーバーグ監督が、女性総合格闘家ジーナ・カラーノを主演に迎えたスパイ・アクション。「ゴーストライター」のユアン・マクレガー、「プロメテウス」のマイケル・ファスベンダー、「君への誓い」のチャニング・テイタム、「私が、生きる肌」のアントニオ・バンデラスなど、豪華俳優陣が共演。

あらすじ

スペイン、バルセロナ。民間軍事企業の経営者ケネス(ユアン・マクレガー)は、米国政府の実力者コブレンツ(マイケル・ダグラス)とスペイン政府関係者のロドリゴ(アントニオ・バンデラス)から、凄腕の女性スパイ、マロリーを指名した人質救出作戦の依頼を受ける。ケネスからの連絡でバルセロナに乗り込んだマロリーは、アーロン(チャニング・テイタム)を含む3人の工作員と合流。監禁されていたジャーナリストのジャンを無事に救出し、身柄をロドリゴに引き渡す。サンディエゴの自宅に戻ったマロリーの前に、再びケネスが現れ、英国諜報機関MI-6から請け負った新たな任務を指示。2人の間には、かつて恋人同士だった過去があった。ダブリンでの新たな任務は、同業者のポール(マイケル・ファスベンダー)と新婚夫婦になりすまし、スチューダー(マチュー・カソヴィッツ)というフランス人男性に接触するというもの。だが、この任務に不信を抱いたマロリーが周辺を探索すると、バルセロナで救出したジャンの死体を発見。しかも、その手には彼女が身に着けていたブローチが握られていた。さらに、ホテルに戻った彼女を、突如ポールが襲撃してくる。何とかポールを倒したマロリーが彼の携帯を確認すると、そこにはケネスからの着信履歴が……。ダブリンからニューヨークに渡った彼女は、ケネスから事情を聞き出そうとして訪れたダイナーでアーロンと格闘になり、居合わせたスコットの車で逃走。途中、武装集団の襲撃を振り切ったマロリーは、自分が話したことを警察に伝えるようスコットに告げ、姿を消す。焦ったケネスは、マロリーが現れることを予想して、ニューメキシコに暮らす彼女の父親ジョン・ケイン(ビル・パクストン)の自宅を訪れる。一方、マロリーもケネスとの直接対決を決意していた。なぜ彼は自分を陥れたのか?すべての決着をつける最後の戦いが始まろうとしていた……。

関連するキネマ旬報の記事

2012年10月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「エージェント・マロリー」

2012年10月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「エージェント・マロリー」

「エージェント・マロリー」:インタビュー スティーヴン・ソダーバーグ(監督)

「エージェント・マロリー」:特別寄稿 嘘の無いアクション系ニューヒロイン