男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

夢売るふたり

  • ゆめうるふたり
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    72.8点(710人)

  • 観たひと

    1108

  • 観たいひと

    163

  • レビューの数

    133

基本情報

ジャンル ドラマ / ラブロマンス
製作国 日本
製作年 2012
公開年月日 2012/9/8
上映時間 137分
製作会社 「夢売るふたり」製作委員会(バンダイビジュアル=オフィス・シロウズ=讀賣テレビ放送=アスミック・エース エンタテインメント=文藝春秋=電通=衛星劇場=パパドゥ=ヤフー=エネット)(企画・制作プロダクション オフィス・シロウズ)
配給 アスミック・エース
レイティング R-15
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

監督西川美和 
脚本西川美和 
原案西川美和 
企画佐々木史朗 
撮影柳島克己 
美術三ツ松けいこ 
音楽モアリズム 
録音白取貢 
照明鈴木康介 
編集宮島竜治 
衣裳デザイン小林身和子 
ヘアメイク酒井夢月 
制作担当白石治 
助監督久万真路 
スクリプター/記録中西桃子 

キャスト

出演松たか子 市澤里子
阿部サダヲ 市澤貫也
田中麗奈 棚橋咲月
鈴木砂羽 睦島玲子
安藤玉恵 太田紀代
江原由夏 皆川ひとみ
木村多江 木下滝子
やべきょうすけ 
大堀こういち 
倉科カナ 
伊勢谷友介 太田治郎
古舘寛治 
小林勝也 
香川照之 外ノ池俊作/明浩
笑福亭鶴瓶 堂島哲治
山中崇 日野洋太

(C) 2012「夢売るふたり」製作委員会

解説

火事ですべてを失った夫婦が結婚詐欺を繰り返す姿を通じて、男と女の切なく危うい“愛”を焙り出す異色のラブストーリー。出演は「告白」の松たか子、NHK大河『平清盛』の阿部サダヲ、「種まく旅人 みのりの茶」の田中麗奈、「ぐるりのこと。」の木村多江。監督は「ディア・ドクター」他でブルーリボン賞監督賞受賞の西川美和。

あらすじ

東京の片隅にある小料理屋。この店を営むのは、愛嬌たっぷりな人柄に加え、確かな腕を持つ料理人の貫也(阿部サダヲ)と、彼を支えながら店を切り盛りする妻の里子(松たか子)。2人の店は小さいながらも、いつも常連客で賑わっていた。ところが5周年を迎えた日、調理場からの失火が原因で店は全焼。夫婦はすべてを失ってしまう。もう一度やり直せばいいと前向きな里子とは対照的に、やる気を無くした貫也は働きもせず酒に溺れる日々。そんなある日、貫也は駅のホームで店の常連客だった玲子(鈴木砂羽)に再会する。酔っ払った勢いに任せて、玲子と一夜を共にした貫也。翌朝、浮気はすぐに里子にバレてしまうが、里子はその出来事をキッカケに、夫を女たちの心の隙間に忍び込ませて金を騙し取る結婚詐欺を思いつく。自分たちの店を持つという夢を目指し、夫婦は共謀して次々と女たちを騙し始める。実家暮らしで結婚願望を持つOLの咲月(田中麗奈)、男運が悪い風俗嬢の紀代(安藤玉恵)、孤独なウエイトリフティング選手のひとみ(江原由夏)、幼い息子を抱えたシングルマザーの滝子(木村多江)……。計画は順調に進み、徐々に金は貯まっていく。しかし、嘘の繰り返しはやがて、女たちとの間に、そして夫婦の間にさえも、さざ波を立て始めていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年3月上旬号

MOVIE at HOME お家でDVD & Blu-Layを:DVDコレクション 「夢売るふたり」

2012年11月上旬号

読む、映画:「夢売るふたり」

2012年10月下旬号

読む、映画:「夢売るふたり」

2012年10月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「夢売るふたり」

2012年9月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「夢売るふたり」

「夢売るふたり」:対談 西川美和(監督)×芝山幹郎(評論家)

読む、映画:「夢売るふたり」

2012年8月下旬号

「夢売るふたり」撮影現場ルポ:最終回

2012年8月上旬号

「夢売るふたり」撮影現場ルポ:第2回

2012年7月下旬号

「夢売るふたり」撮影現場ルポ:第1回