男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

時の重なる女

  • ときのかさなるおんな
  • LA DOPPIA ORA
  • THE DOUBLE HOUR

amazon


  • 平均評点

    66.8点(39人)

  • 観たひと

    54

  • 観たいひと

    6

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 イタリア
製作年 2009
公開年月日 2012/8/4
上映時間 92分
製作会社 Indigo Film=Medusa Film=Mercurio Cinematografica
配給 熱帯美術館
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ 不明
音声 不明
上映フォーマット 不明

スタッフ

キャスト

解説

パーティーで知り合い、惹かれ合った男女がデート中に強盗に襲われ、負傷した女性が混濁してゆく記憶に悩まされるミステリー。主演のクセニア・ラパポルト(「題名のない子守唄」)が、ヴェネチア国際映画祭で女優賞を受賞した。監督は有名企業のCMを数多く手掛け、本作が長編映画デビューとなるジュゼッペ・カポトンディ。

あらすじ

ホテルでメイドとして働くスロベニア移民のソニア(クセニア・ラパポルト)と、郊外の邸宅で警備員として働く元刑事のグイド(フィリッポ・ティーミ)。2人はあるパーティーで出会い、すぐに惹かれ合う。互いを深く知るようになったある日、グイドは自分が働いている邸宅にソニアを招待する。しかし突然、強盗団の襲撃を受け、グイドが撃たれてしまう。大怪我を負いながらも、一命を取り留めたソニアだったが、事件の際の記憶を失っていた。1人悲嘆に暮れながら、疲れ果てるソニア。彼女はグイドの幻覚を見続けているのだ。もしかしたら本物のグイドを見ているのか、それとも正気を失ってしまったのか……。それとも、これは彼女にもう一度与えられたチャンスなのか?なぜ今、過去が蘇ってくるのか?数々の謎を孕みつつ、物語が展開してゆく……。

関連するキネマ旬報の記事

2012年8月下旬号

UPCOMING 新作紹介:三大映画祭週間2012「時の重なる女」