男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

籠の中の乙女

  • かごのなかのおとめ
  • KYNODONTAS
  • DOGTOOTH

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    64.1点(154人)

  • 観たひと

    242

  • 観たいひと

    60

  • レビューの数

    31

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 ギリシャ
製作年 2009
公開年月日 2012/8/18
上映時間 96分
製作会社 Boo Productions
配給 彩プロ
レイティング R-18
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 不明
上映フォーマット BD

スタッフ

キャスト

(C) 2009 BOO PRODUCTIONS GREEK FILM CENTER YORGOS LANTHIMOS HORSEFLY PRODUCTIONS – Copyright © XXIV All rights reserved

解説

一切外の世界との接触を絶ち、家の中だけで子どもたちを育てる家族の姿を通じて、極限状態にある人間の心理を描いたシュールなドラマ。カンヌ国際映画祭“ある視点”部門でグランプリを受賞し、アカデミー賞では外国語映画賞部門にノミネートされた。出演は「パパにさよならできるまで」のクリストス・ステルギオグル。

あらすじ

ギリシャの郊外にある裕福な家庭。一見普通に見えるこの家には、他人の知らない秘密があった。父(クリストス・ステルギオグル)と母(ミシェル・ヴァレイ)が、長女(アンゲリキ・パプーリァ)、次女(マリア・ツォニ)、長男(クリストス・パサリス)の3人の子どもたちを、外の世界の汚らわしい影響から守るためにと、ずっと家の中だけで育ててきたのだ。邸宅の四方に高い生垣をめぐらせ、子どもに“外の世界は恐ろしいところ”と信じ込ませるために作られた厳格で奇妙なルールの数々。学校にも通わせないその様子は外の世界からすれば異常なことだったが、純粋培養された従順な子どもたちはすくすくと成長し、幸せで平穏な日々が続いていくように見えた。しかし、成長につれて好奇心を芽生えさせた子どもたちは、恐怖を覚えつつも、次第に外の世界に惹かれてゆく……。

関連するキネマ旬報の記事

2013年2月上旬号

MOVIE at HOME お家でDVD & Blu-Layを:DVDコレクション 「籠の中の乙女」

2012年9月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「籠の中の乙女」

2012年8月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「籠の中の乙女」