男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

コロンビアーナ

  • ころんびあーな
  • Colombiana
  • Colombiana

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    66.5点(355人)

  • 観たひと

    545

  • 観たいひと

    45

  • レビューの数

    54

基本情報

ジャンル アクション / サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ フランス
製作年 2011
公開年月日 2012/9/1
上映時間 108分
製作会社 Europa Corp.
配給 ショウゲート(提供 日活=ハピネット=ショウゲート)
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 不明
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

(C) 2011 EUROPACORP - TF1 FILMS PRODUCTION - GRIVE PRODUCTIONS

解説

幼少の頃目の前で家族を殺され復讐に燃える女殺し屋の姿を描いたアクション。「アバター」「スター・トレック」のゾーイ・サルダナが、スレンダーな体躯をしなやかに動かし、時には冷徹なまでに任務を遂行し時には心優しい一面を見せる女殺し屋を美しく演じている。他、「ナイト&デイ」のジョルディ・モリャ、「スリーデイズ」のレニー・ジェームズらが出演。監督は「トランスポーター3 アンリミテッド」のオリヴィエ・メガトン。製作・脚本は「レオン」「アデル/ファラオと復活の秘薬」などの監督をする一方、「トランスポーター」シリーズなど製作業にも力を入れるリュック・ベッソン。共同脚本は「96時間」のロバート・マーク・ケイメン。

あらすじ

1992年、コロンビア。少女カトレアはマフィアの幹部である父をはじめ家族とともに幸せに暮らしていた。しかしある日突然、マフィアの大物の指示により家族は惨殺される。目の前で家族が殺されていくのを目の当たりにしたカトレアは命からがら逃げ出し、アメリカ・シカゴに住む叔父の家に身を寄せ、復讐を固く胸に誓う。15年後、美しく成長したカトレア(ゾーイ・サルダナ)は、確実に標的をしとめる敏腕の殺し屋になっていた。彼女が現場に必ず残すカトレアの花は、復讐相手をおびき出すためのものだった。やがて彼女の動向を察知するマフィア。それと同じくしてカトレアの存在をつかむFBI。復讐の時が近づく中、新たな悲劇が起こってしまう。悲しみを背負い、すべてに決着を付けるべく、カトレアは銃を手に取る……。

関連するキネマ旬報の記事

2012年9月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「コロンビアーナ」

2012年9月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「コロンビアーナ」