男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ジョルダーニ家の人々

  • じょるだーにけのひとびと
  • LE COSE CHE RESTANO
  • ----

amazon


  • 平均評点

    77.2点(34人)

  • 観たひと

    44

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    9

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イタリア= フランス
製作年 2010
公開年月日 2012/7/21
上映時間 399分
製作会社 BiBi Film=Rai Fiction
配給 チャイルド・フィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ 不明
音声 ステレオ
上映フォーマット 不明

スタッフ

キャスト

解説

イタリアのある家族の離別と再生を描く6時間39分の大河ドラマ。脚本を「輝ける青春」のサンドロ・ペトラリアとステファノ・ルッリ、監督をTVシリーズの演出で高く評価されているジャンルカ・マリア・タヴァレッリが担当した。出演は「あしたのパスタはアルデンテ」のエンニオ・ファンタスティキーニ、『子どもは何でも知っている』のダニエラ・ジョルダーノ。

あらすじ

ローマに暮らすジョルダーニ家は、一見不自由のない幸せな家族に見えた。技術者の父・ピエトロ(エンニオ・ファンタスティキーニ)は一家を養い、元医師の母・アニタ(ダニエラ・ジョルダーノ)は子育てのために仕事を辞め、外務省で働く長男アンドレア(クラウディオ・サンタマリア)は世界各地を回っている。心理学者の長女ノラ(パオラ・コルテッレージ)は結婚して独立し、第一子を妊娠中。次男ニーノ(ロレンツォ・バルドゥッチ)は大学で建築を学び、三男ロレンツォ(アレッサンドロ・スペルドゥーティ)は高校生活を謳歌していた。しかし、ロレンツォの不慮の死をきっかけに、家族は心に秘めていた問題が露呈していく。アニタは精神のバランスを崩して入院、不倫をしていたピエトロは、愛人とも別れて逃げるように家を出る。子供たちも様々な困難と向き合うことになり、その過程で境遇も考え方もまったく異なる人々と出会う。不法移民の女性とその娘、不治の病のフランス人、戦場で記憶を失った大尉……。一本の川がいつか大河の流れとなるように、父と母、アンドレア、ニーノ、ノラ、それぞれの運命と人生は、ふたたび織りあわされて血のつながりや民族を越え、より大きな家族を成してゆく……。

関連するキネマ旬報の記事

2012年8月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ジョルダーニ家の人々」

キネ旬セレクト:「ジョルダーニ家の人々」