男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

きっと ここが帰る場所

  • きっとここがかえるばしょ
  • This Must Be the Place
  • This Must Be the Place

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    73.6点(199人)

  • 観たひと

    314

  • 観たいひと

    44

  • レビューの数

    44

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イタリア=フランス=アイルランド
製作年 2011
公開年月日 2012/6/30
上映時間 118分
製作会社 Indigo Film=Lucky Red=Medusa Film
配給 スターサンズ=セテラ・インターナショナル(提供 スターサンズ=セテラ・インターナショナル=ミッドシップ)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

(C) 2011 Indigo Film, Lucky Red, Medusa Film, ARP ,France 2 Cinema, Element Pictures. All Rights reserved.

解説

引きこもりのロックスターが、父親の死を知り、代わりに元ナチス親衛隊の男を探してアメリカ横断の旅に出る。出演は「ツリー・オブ・ライフ」のショーン・ペン、「トランスフォーマー ダークサイド・ムーン」のフランシス・マクドーマンド。監督は「イル・ディーヴォ」でカンヌ国際映画祭審査員賞受賞のパオロ・ソレンティーノ。

あらすじ

人気絶頂の最中に表舞台を去り、アイルランドの首都ダブリンの広大な邸宅で妻とともに穏やかな日々を過ごしていたロックスターのシャイアン(ショーン・ペン)。付き合いがあるのは、近所のロック少女メアリー(イヴ・ヒューソン)などごく少数だった。そんな彼の元にある日、故郷アメリカから30年以上も会っていない父親が危篤との報せが届く。飛行機嫌いのシャイアンは、船でニューヨークに戻ったものの、臨終には間に合わなかった。しかし、強制収容所を経験したユダヤ人の父が、当時ナチス親衛隊の一員だった男を探していたことを知ると、父に代わってその男を探す旅に出る……。

関連するキネマ旬報の記事

2012年7月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「きっと ここが帰る場所」

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評:「きっと ここが帰る場所」