男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

孤島の王

  • ことうのおう
  • Kongen av Bastøy
  • King of Devil's Island

amazon


  • 平均評点

    75.0点(134人)

  • 観たひと

    194

  • 観たいひと

    17

  • レビューの数

    24

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 ノルウェー フランス スウェーデン  ポーランド
製作年 2010
公開年月日 2012/4/28
上映時間 117分
製作会社 4 1/2 Film=MACT Productions=St Paul Film=Opus Film
配給 アルシネテラン
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ドルビー
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) les films du losange

解説

ノルウェーの孤島に存在した少年向けの矯正施設の真実と、そこに収容されていた少年たちによる命を賭した反乱を描くサスペンス。監督は、「Tikniver i hjertet」でベルリン国際映画祭ブルー・エンジェル賞を受賞したマリウス・ホルスト。出演は、「ドラゴン・タトゥーの女」のステラン・スカルスガルド。

あらすじ

1915年、ノルウェーの首都オスロの南方に浮かぶバストイ島には、11歳から18歳の少年向けの矯正施設があった。その施設に、非行少年・エーリング(ベンヤミン・ヘールスター)が送還されてくる。エーリングはそこで、イジメのような重労働の懲罰や、教育者による性的虐待など、外界から隔絶された施設のあまりにも理不尽な現実を目の当たりにする。尊大な王のように君臨する院長(ステラン・スカルスガルド)や冷徹なプローテン寮長(クリストッフェル・ヨーネル)に、エーリングはことごとく反発する。彼の孤独な抵抗は、次第に優等生・オーラヴ(トロン・ニルセン)など、今まで抑圧されていた少年たちの心を突き動かし、やがて命がけの反乱を引き起こしていく。

関連するキネマ旬報の記事

2012年5月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画 公開作24作品、72本の批評:「孤島の王」

2012年5月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「孤島の王」