男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

オーロラの彼方へ

  • おーろらのかなたへ
  • Frequency
  • Frequency

amazon


  • 平均評点

    79.0点(320人)

  • 観たひと

    528

  • 観たいひと

    66

  • レビューの数

    42

基本情報

ジャンル SF / サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2000
公開年月日 2000/12/9
上映時間 117分
製作会社 New Line Cinema
配給 ギャガ=ヒューマックス
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビーSRD/DTS/SDDS
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

出演デニス・クエイド Frank Sullivan
ジム・カヴィーゼル John Sullivan
ショーン・ドイル Jack Shepard
エリザベス・ミッチェル Julia 'Jules' Sullivan
アンドレ・ブラウアー Satch DeLeon
ノア・エメリッチ Gordo Hersch
メリッサ・エリコ Samantha Thomas

解説

「インナー・スペース」のデニス・クエイドと、「シン・レッド・ライン」のジム・カヴィーゼルが、時を隔てて協力し合う親子を演じるファンタジーサスペンス・ヒューマンドラマ。脚本は「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」のトビー・エメリッヒ。監督は「真実の行方」のグレゴリー・ホブリット。

あらすじ

恋人との別離に苦悩する刑事ジョン(ジェームズ・カヴィーゼル)にとって、30年前に殉職した消防士の父フランク(デニス・クエイド)は、誰よりも妻を愛し、息子のジョンを「リトル・チーフ」と呼び、とびきりの愛情を注いでくれたかけがえのない存在だった。もし父が生きていたら…そう思わない日は一日たりとてなかった。ある日、ジョンはクローゼットの奥から父の形見の無線機を発見する。オーロラの輝く夜、ある男との交信に成功したジョンは、無線機の向こうで男が自分の子供に「リトル・チーフ」と呼びかけるのを聞き、愕然とする。ジョンが無線機で交信した男は、なんと30年前に死んだ父フランクだったのである。くしくもその日は消防士の父が救助中に事故死する、まさにその前日であった。ジョンは必死にフランクに別の脱出ルートを使えば助かることを伝える。翌日、無線機の前で祈るジョンの目に信じられない光景が映った。机の上に彫り込まれていくメッセージ…「まだ生きてるぞ」。それは未来が変わった瞬間だった。だが、このことによって全く予想もしなかった大事件が発生してしまうのであった…。

関連するキネマ旬報の記事